サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

hontoレビュー

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

喪服の未亡人兄嫁〈三十二歳〉(フランス書院文庫)

喪服の未亡人兄嫁〈三十二歳〉 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

背徳のジレンマに憂い揺れ動く想い

2014/03/16 23:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルが明言する通りに32歳の未亡人兄嫁をメインヒロインとし、亡夫(主人公の実兄)の一周忌を機に馳せていた想いが思わず炸裂してしまう大学一年生の主人公を軸とした姉妹の物語。そう、兄嫁の実妹として25歳のサブヒロインも登場するのである。ただし、がっつりな姉妹丼の直接的な官能描写はなく、兄嫁の喪服姿も序盤のみである。

姉妹丼ないのか、喪服も最初だけか、な~んだ……と思うことなかれ。
本作を読むにつれ姉妹丼や喪服姿はさほど必要でもないことが分かる。

奔放ながらクールでデキる女(ということになっている)妹だが実はとても健気で一途な面があり、過去において主人公とは秘密がありながら、その秘密を得る背景となった想いを最後まで貫き通すイイ女である。

主人公が想いを寄せる兄嫁には亡夫への操があり、深く愛していただけに越えられない一線を人知れず悩んでいる。「人知れず」だから主人公にも気づかれずに、である。これが妹にはバレバレというところに可愛らしさもあるのだが、主人公からぶつけられる愛情にはつれなく返すことで主人公が頑なになり、そして頑なに責める、責めまくる。ここに官能的な醍醐味が醸されている。

官能スイッチが入ると言葉責めを交えて少々居丈高になる主人公にはやや鼻に付くところもあるが、責める男に困惑しつつも感じていく女という構図が姉妹ともに出来ており淫猥度はすこぶる高い。その場面こそ思いのほか多くないものの、ねっとりじっくり描かれる描写が補って余りあると言える。

亡夫(兄)が人として出来過ぎていたためにジレンマを抱えるストーリーとしての動きよりも、それによる内面を描く方向で味付けされた物語には最後の最後に妙味のある「終章」が用意されている。最終的に姉妹が共通の嫁(あるいは嫁らしき存在)になるのは「黒本」として定番的ではあるが、そこに至る「その後」を作品内のある種のリアリティによってきちんと描いていることである。あくまでも官能ファンタジーとして捉えなければならないが、時が経てばこうなるのか、という構図が描かれるのは新鮮でもあり、何もそこまで描かなくてもと思うか、これはこれでエエのぅ、羨ましいのぅと思うかは読み手に委ねられているのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示