サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

hontoレビュー

丸山圭三郎著作集 4 生命と過剰

丸山圭三郎著作集 4 生命と過剰 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

言語哲学からの死の解明への試論

2018/05/13 16:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:病身の孤独な読者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ソシュール研究や数々の言語哲学研究の日本人研究者代表の丸山先生が、言語哲学的視点から死について考察した珍しい書籍。評者は『ホモ・モルタリス』を読了したが、特に印象的なのは、死の恐怖への考察である。本書では、従来の見解から3つの死の恐怖を挙げ、さらに4つ目として言語を持つ人間ゆえに生じる「不条理としての恐怖」を独自の視点から提唱している。死の本質については、哲学上でも難題ではあり本書でも謎に近いままであるが、死の恐怖に関しては大きな貢献をした書籍であると位置づけることができる。死の構造的な話に最終的には続いていくが、この考察には賛否が分かれるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/01 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示