サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

いとしの猫っ毛 3(シトロンコミックス)

いとしの猫っ毛 3 みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (12件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
18 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

自然な形

2017/05/25 10:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

リバはあまり得意じゃないですが、これは二人の自然な流れな感じがしてよかったです。どっちもかわいい。4巻は現在の小樽編かな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ついに

2016/02/06 18:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫村 - この投稿者のレビュー一覧を見る

結ばれて、幸せいっぱいの2人が楽しめます。電子書籍化が待てなくて、いつも紙媒体を買ってしまいます。これからが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ついに念願のリバ

2017/03/31 22:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

きっかけになったハルくんは鬼畜すぎると思いますが、ひとまず良かったです。
みぃくんの片思いから始まり、6年間の遠距離を経てお互いに少し相手に持っていた罪悪感も、全て無くなり気持ちの深さもなにもかも対等になったと思います。
二人にはこれからも普通に幸せに暮らしていってほしいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/13 21:48

投稿元:ブクログ

正直、リバは得意じゃありません。でもこの作品に関しては自分でも不思議なくらい自然に受け入れられました。それだけの説得力がお話の中にあるってことですよね。
のんびりゆったり、ねこっけの世界が長く続いていきますように。4巻も楽しみです。

2014/04/29 23:49

投稿元:ブクログ

もう、猫っ毛は彼らがおじいちゃんになるまで読みたい。なんにも起きないまったりした日常BLだが、目の前にあるものに少しずつ焦点が絞られて、見てたようで見えてなかったものに気付いたりして、日常が積み重なり、ずっと「現在進行形」であるところがとても好きだ。ずっとずっと現在進行形が積み重なっておじいちゃんになっていく様まで見ていたい二人だ。
※ここから完全にネタばれ。
なんだかんだリバらないリバ風味や、BLのプレイの一環としてリバを入れたいだけの説得力のないリバ、マウントの取り合いやってる様だけが面白いだけのリバ、そういうのは数ある、が、みいくんと恵ちゃんの逆転劇はいわゆる説得力さえ自然だった。
3巻読んでてどうしても聴きたくなったんだよ、Charaのやさしい気持ち。作中に「モエ」って言葉が出てくるけど、この作品ほど萌え語りしてない作品もないだろう。確かにみいくんは恵ちゃんに萌えているが、愛をこじらせた結果の比喩表現に過ぎない。

2015/10/05 17:27

投稿元:ブクログ

2巻読んだかどうか忘れたけど。
猫っ毛に関しては受け攻めあんま意識して読んでなくてあれ?今までみいくん攻めだったの!?ってなった…めでたくリバですね。
どっちもかわいいからいいや。

2014/05/13 03:00

投稿元:ブクログ

初々しさのあったけいちゃんはどこへ…?
どんどん強くなっていきますね。

一緒に入ってた北原さんとハルくんの話は不憫BLに載ったもので、不憫BLを読んだときはまったく北原さんだと気づかずに読んでラストに驚いたのを覚えてる。
改めて読むとその変化は目覚しいな、と。
好きな人のためにこんなにも自分改革できる北原さんは偉大だ。

2014/04/26 19:09

投稿元:ブクログ

はぁ…ピンクのため息が出そう(〃´ω`〃) 可愛いなぁ~。この二人本当に可愛い♪
浮世離れさした人達が集う怪しい下宿で、特に大きな事件もなく不思議な住人たちに温かく見守られて過ごしているカップルの、みぃくんとけーちゃん。1巻が出た頃はすごくアッサリな作品に思えたけど、これはけーちゃんの恋心の盛り上がりと共に楽しむ作品なんだなぁ~と。

清い身体をみぃくんに捧げてから、けーちゃんは変わった。みぃくんにムラムラして「カワイイッ!」と萌え萌えして、みぃくんの寂しさを垣間見て涙したり、満たしてあげたいと願ったり。穏やかな日常の中で徐々にけーちゃんの気持ちが変化し、みぃくんもそれを受け入れてとうとうリバるんですよこの巻!


リバるんですよーですよーですよーっ*。・+(人*´∀`)+・。*


リバ好きな私は思わずエコーかけちゃうくらい嬉しかったさぁ~♪気持ちの盛り上がりによって関係性が変わる、BLならではの2度美味しい展開だと思ってますよリバ!!またそこに至るまでの自然な流れがニクかった( ≧∀≦) きっとリバ苦手な人も納得のシチュエーションじゃなかろうか…。
そしてリバらずとも、イチャイチャしてる二人はとてもとても幸せそうで「そうそう、こういうのが読みたくてBL読んでるんですよっ(泣)」と思わずむせび泣くかと思ったわ自分。
最近のBL、すぐ挿れちゃうよね。そんでエロシーンの度に挿入してて、擬音とあえぎ声のオンパレードに食傷気味になるのよ。 連載で毎回フルコースエッチ入ってると、コミックスで読んだとき「またかよ」って思っちゃう悪いサイクル( ・3・) エロは読みたいけど、ただ挿れて出すだけじゃ面白味が減っちゃう。やっぱり『ご馳走感』が大事だと思うんだよなぁ~。

作品のレビューというより、エロについての批評みたいになったな(笑) 巻が増すごとに可愛く思えて、まさにタイトル通りの作品。4巻もいまから楽しみ~っ( *´艸`)

2014/06/06 21:11

投稿元:ブクログ

ふああああ癒された~!ほんとに猫っ毛はちびまる子ちゃんやドラえもんみたいにいつまでも二人のそして二人を取り巻く人達の日常を延々と見ていたくなるような作品。まさに国民的癒しBLwww
今回はなんとリバなんだけど…これがまたなんと自然なリバで( ´艸`)たぶんこれが地雷な人って世の中にいないんじゃないのかな。それくらい愛する二人には右も左も関係ないんだなと思わせてくれる作品。脇の北原さんとハルくんカップルの話は不憫BLから。この馴れ初め好きだったから収録されて嬉しい(*≧∀≦*)

2014/10/25 23:40

投稿元:ブクログ

なんてぽかぽかしたBLなんだろうこれじゃあ春の日に縁側で読んでても違和感ない。でもホロリする。待ち望んでいたリバもあって可愛くてしょうがない。

2014/06/03 00:26

投稿元:ブクログ

昔なら断然みいくん派だったろうに、今は恵ちゃん。あの強さ・明るさがいいんだろうなあ。マジ怒りの表情がすごくモエでした!

2014/05/09 18:58

投稿元:ブクログ

絵のタッチや雰囲気がとても繊細で、まるで絵本を読んでいるかのようです。めちゃくちゃ癒されます!みいくんと恵ちゃんかわいい!ほっこりしすぎてBLということを忘れてしまう…。
また、どのキャラクターも味があって素敵です。脇役なのに皆さんとても個性的で大好きです。自分は集団生活が苦手な方なのですが、これを読んでいると楽しそうだなあと思いました。4巻は冬がテーマになるのでしょうか。楽しみです。

2014/06/28 14:59

投稿元:ブクログ

安定!
不憫アンソロに載ってた北原さんとハルくんの過去が入っててうれしい
ハルくんかわいいけどホモ世界でしか生きてこなかった思想してて怖いよ〜けいちゃんかわいそう〜

2014/12/09 05:28

投稿元:ブクログ

何 度 読 み 返 し て も 禿 げ 萌 え る!!!

もうこの一言に尽きますよ…!萌え過ぎて何か出るかと思いました(笑)
私の周りにこの作品を読んだ人が居たならば、私は全力でこの作品の
素晴らしさ、そしていかに萌えるかを小一時間は語っていたかと思います。
「新宿ラッキーホール」を読んだ時にもちょっと思ったのですが、
この人にリバを描かせたら右に出る者は居ないという事を改めて実感しました。

相変わらず何も起きない…と言うと語弊があるのかもしれませんが、
まぁ、本当に派手な事は何一つ起きてないんですよね。
本当に緩やかな日常の一コマを切り取りましたっていう感じで。
これを他の人が描いたらとたんにつまらない物になってしまう気がしてならない…。
ただの日常をここまで面白可笑しく描けるのは雲田はるこ先生だからこそですね。

そして何がここまで読者の心を惹き付けるんだろう…と、
自分なりに考えたのですが、やっぱり一番は表情ですよね。
あとはキャラ同士の会話と動きのあるイラストと…って、
多分全部ですね(笑)何かもう挙げるとキリがない気がします。
でも、とにかくこの人の描く表情は見ていて楽しいです。
アニメで無いのにも関わらずキャラクターが生きてるように
見える漫画ってそうないと思います。本当に素晴らしいです。

今回の見所はやっぱり恵ちゃんが本気で怒った時の顔と
タチになった瞬間ですかね。恵ちゃん可愛いのに格好良いし、
みいくんは可愛いし…この作品で一体何回萌えたか数え切れません…(笑)
あとみいくんは眼鏡外すとイケメン度が増しますが
髪切って眼鏡外すとよりイケメン度が増しますね〜!
これでタチも出来てネコも出来るとか万能過ぎます…!(感動)

あとは番外篇のハルくん×北原さんのお話も凄く良かった…!
教え子×教師って背徳感半端ないです(笑)
そして北原さんは個人的に昔の芋っぽいビジュアルの方が
好きかもしれない…ハルくんと釣り合ってない感がまた良いと
感じてしまうのは私だけでしょうか…(笑)
ハルくんって正直な所、あんまり好きなキャラでは無かったのですが
番外篇を読んだらこの二人のお話がもっと読みたくなってしまいました。
相変わらず尖ってるし俺様だけど嫌いになれない。

“本音隠したり、すぐ逃げたり、平気で嘘ついたり
本心はどこなんだよ”

特にハルくんのこのストレートな発言には心に来るものがありました。
何気に名言なんじゃないかコレ…と一人で思ってます(笑)

とりあえずもう一度、今度は一巻から読み直して激しく萌えたいと思います!

2014/04/24 23:24

投稿元:ブクログ

もおおおやばいい萌えるかわいいかわいい…
そしてハルくんと北原さんのなれそめ話も
激しく萌えてだいすき。
すべてから癒しのかほりが溢れていて
ずっと手元においておきたくなるような本でした。

18 件中 1 件~ 15 件を表示