サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

hontoレビュー

記憶の果て 上(講談社文庫)

記憶の果て 上 みんなのレビュー

文庫 第5回メフィスト賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/10/06 22:04

投稿元:ブクログ

何とか我慢して読んだ。

つまらん。
展開がノロすぎ。
下巻がとんでもなく面白いことを期待。

2014/06/09 19:12

投稿元:ブクログ

父親が自殺した。
残されたコンピュータの中には裕子がいた。
単なるプログラムなのか、意識が宿っているのか...

展開遅っ。
下巻に続く。

2014/04/06 19:18

投稿元:ブクログ

読み進めるほどに、先がどうなるのかにワクワクすると言うより、よからぬ物が待ち受けているような漠然とした不安が募ってくるのに、読むのが止まらない。

2015/01/03 21:11

投稿元:ブクログ

"記憶の果て"(上)(下) 浦賀和宏著 講談社文庫(2014/03発売)
(1998/02発売 講談社ノベルス、2001/08発売 講談社文庫)

・・・第5回メフィスト賞受賞作。自殺した父親の部屋のパソコンを立ち上げた高校生安藤直樹は、
そこに”裕子”と名乗る人工知能を発見する。
人間の物らしき記憶を持つ裕子を調査するうちに直樹は自分の過去とも直面する。
”裕子”の正体とは?

・・・”裕子”の正体はともかく、安藤直樹の過去については実際にありそうな話なんで痛々しい。

・・・あと、この作品には”キーボードのないライディーン”という珍妙な曲も登場します。
(実際に登場人物が演奏していた)
想像を絶するとはまさにこのことやねぇ・・・。

4 件中 1 件~ 4 件を表示