サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本

その後の仲間たち

2015/10/17 17:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

9巻の後のバラバラになった仲間のその後が各キャラ視点で語られています。大友VS小暮のバトルあり、執拗に大友を追う小暮のキャラがもう別人だよ。今回一番の良いとこ取りはやっぱ天馬だろうね。最後のテレビ中継を通して仲間に伝えたメッセージ。これからの戦いで、まだ向こうに知られていない京子の星詠みや、地味メガネの天馬の隠形が切り札になりそう。あと2カ月しかないのに間に合うんかな。敵の本拠地にいる鈴鹿が、情に流れないか心配だよ。毎回思うけど、この本を読むと時間があっと言う間に過ぎるよ。続きが早く読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

仲間たちのその後

2015/07/23 01:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:月緒 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者もあとがきでおっしゃってますが、今回は9巻のその後の仲間達の話になりましたね。いや~でも、10巻では一切出てこなかったので、かなりホッとしました。みんな、頑張ってるな~。最後の天馬のパフォーマンスにはちょっとうるっとしてしまいました。

これから大きく変動していくとのこと。今後の展開が楽しみです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/19 22:02

投稿元:ブクログ

せりあがって爆発するような、この怒涛の展開、流石あざのさんです好きです!
確実に何かがいろんなところで起こっていくっていうの、本当にわくわくします。
第2部もそうでしたが、物語の起爆剤というか変化球が天馬の役割というのがとても好き。
イレギュラーって、いいなぁ!

陰陽とか歴史にもっと詳しかったらほくそ笑む部分多そう。
相馬と天皇の関係性とか!
割と最近そういうお話を見たのに全く気付かなくってしてやられたと同時にぞくぞくしました。
次巻まだかな!

2016/10/10 02:05

投稿元:ブクログ

あの花火の夜から一年半。離れ離れになった彼らのいま。
強くなろうとしている姿のいじらしさ。それぞれの場所でそれぞれ自分のできることやるべきことを真っすぐに受け止めて、再会のときを待ち望んでいるのは読んでるこちらも同じ。

「穏やかで落ち着いた口調」で殺害命令するような台詞が今後出てくるのを期待しつつ、そんなん出てきたらきっとその描写以上に「穏やかで落ち着いた口調」で表現してくれるだろう中の人に期待大!!やろうぜ2部アニメ化。

20160921~20161009

2014/05/10 10:35

投稿元:ブクログ

本編第二部開始後の前々巻で触れられなかったメンバーの現状確認みたいな感じでした。表紙は夏目・秋乃だけど(笑)それぞれがそれぞれに、水面下で動いてて雌伏の時ですかね。一部の大人たちはバトったりしてますけど。私的には冬児・天海・鏡の組み合わせが裏で動いてる感があって好みでした。あと、天馬の「イレギュラー」であるが故の活躍がいい感じです。最後にはまた大きな動きが近々あるようですが、今回出番のなかった/少なかった春虎・夏目含めて、どう物語が展開していくか楽しみです。

2014/06/02 23:07

投稿元:ブクログ

10巻の段階では謎だった、仲間たちの状況が分かった11巻。そして、夏目の出生の秘密や、冬児についている鬼の正体も判明したり。

敵が何をしようとしているのかも何となくわかってきてまたもや続きが気になります。そして、春虎(夜光)は何をしようとしているのか。

2014/04/24 10:04

投稿元:ブクログ

新しい友達と共に東京へ帰ってきた夏目。そこで彼女が見たものとは…。

今回は群像劇風の構成になっていました。仲間たちの現状が描かれています。
読む前は、表紙の錫杖を持った夏目から、これと雷撃で一騎当千して仲間たちと合流する話かと思っていました。
そうはならなかったのは少し残念ではあるけど、まぁあとがきで書かれていることもごもっとも。

個人的な見どころは、天馬のメッセージを受け取った冬児の反応。いままでずっと冷静に振る舞ってきた彼が、その感情を抑えきれずにいるところが、天馬のすごさを表していてとても良かったです。

2014/04/22 22:43

投稿元:ブクログ

4/22/2014 読了。

あとがきにありましたが、次巻への布石ですね。
天馬君がまた頑張っていて嬉しいです。
あと、大友先生がちゃんと登場するし!!

春虎は全く出てこないので、悲しいですが、
次にたくさん出てくるといいな。

2014/05/29 22:35

投稿元:ブクログ

一部を除いた各キャラクターの視点移動の目まぐるしさから、1部の時とは違う物語の進み方を感じました。
読んでいてハラハラしますが、同時に続きが楽しみです。

2014/04/27 07:39

投稿元:ブクログ

手紙from夏目to天馬。
前巻一体どうなったのかとじりじりしていた仲間たちのその後。
京子、冬児、鈴鹿、大友先生…。そして天馬、やってくれるぜ。
そして明かされる夏目の出生。えっ、そうだったのか…。てっきり…いやでもそれでこそあざの作品ヒロインか…今後の活躍に期待しております!

2017/01/18 23:17

投稿元:ブクログ

みんなのあの後を知ることが出来て良かった。禅次朗が思い詰めた感じでバッサバッサ斬り捲るのも良かった。大友先生とのバトルはやっぱり萌えるよ…。

2016/11/21 00:38

投稿元:ブクログ

空白の1年半を埋める1冊。
9巻の最後、倉橋の別邸に集まった冬児たちがどのように話し合って1年半を過ごし、現在どのようにしているのか。
これで主要メンバーの現状はだいたい分かったかな。(涼先輩だけが不明だけど、春虎と一緒にいるっぽい?)

つうか、前巻の記録書いてる時に天馬のことすっかり忘れてたわw
さすが印象が薄いというか、隠行得意というか…

12 件中 1 件~ 12 件を表示