サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2014/07/10 05:43

投稿元:ブクログ

オオカミを通して見えてくるのは、ヒトの浅はかさだ。敬い、惧れ、憧れ、オオカミとの関係性が移ろいで行く様を古代から現在に至るまで、多くの実例を挙げて説いていくが、態度を変えているのはヒトのほう。最後の章では、これまでの迫害派と擁護派が対立するが、もうそこにはオオカミを軸にした、単なるヒト同士の争いでしかない。オオカミにしてみたら迷惑な話。つくづくヒトって愚かな所業を繰り広げてきたんだということが良くわかる。

自然、生物学的な話ではなく、これはオオカミとの関係を例にとってヒトの愚かさに気づかせてくれる良書だ。

ロシア関係(備忘)
プロコフィエフが作った「ピーターと狼」という楽曲(モスクワ中央児童劇団からの委嘱で作曲)は、1936年の当時、オオカミを捕まえ罰するという筋。それが2002年のリメイク版は、捕まえたオオカミを、自然の一部だと気づき放してやることに。
時代の求めに応じた面白い例。

2014/08/05 18:16

投稿元:ブクログ

オオカミの本来の姿とは一体どんな動物なのかを詳しく書いてあります。古代からオオカミは人間が抱くイメージによって苦難の道を歩んできた姿を理解することができます。(外国語学部)

2014/12/07 07:35

投稿元:ブクログ

数多くの文献からオオカミに関する記述を抜粋し、著者の考察を加えてあります(僕が最近読んで、感動した『狼が語る  ネバー・クライ・ウルフ』についても、科学的ではないとばっさり(ノ゚ο゚)ノ)。
でも、『赤ずきん』から『ネバー・クライ・ウルフ』による「オオカミは敵」から「オオカミは守るべき動物」というパラダイムシフトがおきた旨のことも書かれていて、少し救われました(笑)。

オオカミに対する「人の感情の変遷」がわかる本です。

2014/03/28 08:41

投稿元:ブクログ

うぉ~ん、、、おんおんおん

白水社のPR
「人間が歴史的にオオカミに投影してきたものとは何か?最新の研究に基づいた生態学的側面から文化史的側面までを幅広く紹介。 」

4 件中 1 件~ 4 件を表示