サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

hontoレビュー

快読『赤毛のアン』

快読『赤毛のアン』 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

記念すべきガイドブック

2015/09/05 21:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

出版のタイミングからすると、NHK朝ドラの『花子とアン』を意識したものかもしれない。
しかし話題性に便乗して儲けようというような安易な本ではまったくない。
『赤毛のアン』をしっかり読むならこれ、とあとあとまで読者に重宝される本になると思う。

児童文学の名作が数ある中で、こと少女ものとなれば、
日本で『赤毛のアン』以上に人気のある作品はないのではないか。
しかしそれだけの人気はどうやら日本だけらしい。
そもそも発表当時はカナダはまだイギリスから独立してさえいない。
つまり、『赤毛のアン』を読んだ読者であっても必ずしも把握していない事情がいろいろあるのだ。

本書は『赤毛のアン』についての一種のガイドブックとして、
そうした社会的文化的背景を
場面場面に照らしながら綿密に徹底的に分析、解説した本である。
さらには現代における批判や評価、日本における受容についての考察や、
3種類の日本語訳の比較考察もある。

その内容は緻密かつ説得力があり、なるほどと感心する着眼も数多くあって
作品の奥深さもわかるし、読む味わいも増すというものだ。
文章も柔らかく、噛んで含めるようなスタイルでわかりやすい。

たとえばレポートや論文で『赤毛のアン』を取り上げる大学生、高校生などにはすごく参考になりそうだ。
著者は英米の児童文学を専門とする大学教授なので、
そういう研究やら講義をしてきた人なのかもしれない。

ただここまで詳しいと、逆に疲れてしまう場合もあるかもしれない。
一般の読者ではなかなかここまで掘り下げては読まないだろうから。
しかし流し読みのようにしながら、気になるところ、興味をそそられるところだけじっくり読んでも
いろいろ発見があって楽しいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/28 00:00

投稿元:ブクログ

アンの時代背景、文化的背景、そして最後の章の訳文の比較、とても興味深くおもしろかった。ただ、赤毛のアンはフェミニズムだろうとその点で矛盾していようとなんだろうと魅力的なのである♪( ´▽`) マリラの隠れた顔もおもしろかったな〜。

2015/08/02 10:59

投稿元:ブクログ

ダイアナは、とても美しいと言われているブラック・アイリッシュでは。

「赤毛のアン」に出てくる登場人物の言葉使いや名前、作者モンゴメリー研究、作品当時の時代背景から、登場人物のおかれたバックグラウンドや心情を解説。
というと、堅苦しく思う方もいるかもしれませんが、著者も書いている通り、あらすじを追いながら「快読」、楽しく読める本です。

後半は、村岡花子さんはじめ、3者の邦訳を比較したり、日本での赤毛のアンの受容、また、それを研究する海外研究者の紹介など、「赤毛のアン」をもう1度楽しめる「再読「赤毛のアン」」でもあります。

3 件中 1 件~ 3 件を表示