サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

朴女史の歴史は、韓国の歴史

2014/09/18 20:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愚犬転助 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2010年代に突入して、韓国の対中傾斜はあからさまだ。そのうち中国に吸収されるのではないかと、一部の日本人は危惧しているが、どうやら両国の接近は歴史的宿命のようだ。著者によれば、冷戦が終わり、日本のバブルがはじけた1990年代にはじまっている。1960年代以後、国際的突出をつねに気にしていた日本は、迂闊で、やられっぱなしだった。
この本のおもしろいところは、朴大統領の歴史が韓国のあり方そのものであることを突いている点だ。彼女は、駆け出しのころから、中国にひたすら接近している。中華帝国を尊敬してやまない政治家が、ついに一国のトップに立ったということだ。巨大化する経済を背景にした中国の政治家の吸引力を恐るべしというべきか、韓国人の歴史的な業というべきか。いずれにせよ、対中接近の裏には、日本弱しという韓国人の見方がある 。
著者は、中国と朝鮮半島の関係は、朝鮮半島にとってかならずしも恵みのあるものではなかったと指摘している。にもかかわらず、だ。時代は日清戦争以前に戻りつつある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/04/23 00:02

投稿元:ブクログ

書評『なぜ韓国は中国についていくのか』
宮崎正弘 | 杜父魚文庫ブログ
URL : http://blog.kajika.net/?eid=1006821

2014/07/14 10:55

投稿元:ブクログ

比較的若い(1963年生)が数十年来の研究者による、公表資料に基づいた日中韓関係についての書。

韓国は、幾多の侵略や屈辱を被った歴史に目をつぶり興隆する中国に摺り寄ろうとし、併合以来陰に陽に恩恵を受けた日本を切り捨てようとしている。

(数千年の)伝統的に勝ち馬に乗る日和見主義である韓国は、併合による社会基盤、生活水準向上の恩恵を享受し、日中戦争開戦時には帝国の経営に積極的に参画するまでに至るが、日本の敗戦時には掌を返し新たな勝ち馬である米軍に取り入るべく日本の半島経営を全否定し、あまつさえ歴史を捏造し被害者面をする。

経済的発展を背景としたここ十数年来のかの国の振る舞いは、正に馬脚を現したといえよう。

3 件中 1 件~ 3 件を表示