サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

ナイトガーデン(フルール文庫ブルーライン)

ナイトガーデン みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
17 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

魂の救済

2014/07/24 02:25

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アリス - この投稿者のレビュー一覧を見る

【ふったらどしゃぶり】では、整との関係も和章自身も危うすぎて、最後、二人の関係が終わるときも痛々しさが残っていて、和章の内面を覗くのがちょっと怖くて、一瞬読むのを躊躇しました。でもやはり一穂さん、さすがでした。心に刺さった棘は本当にやっかいですね。何かをされたほうの棘も、してしまったほうの棘も、なかなか抜くことができなくて、いつまでもその場所をジクジクと痛ませる。その痛みが新たな道を進めなくさせてしまう。けれど、「一度はものの数じゃない」。一度失敗しても諦めるな。自分の中にもまだ棘が刺さっているのに、柊の前向きさがとても眩しいです。和章を救ってくれたのが柊でよかった。柊を救ってくれたのが和章でよかった。素敵な小説をありがとうございました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

攻の特異な性格。その男はやめとけ! と言いたくなる

2015/09/12 13:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hike - この投稿者のレビュー一覧を見る

発売当時に読み、その時はさして印象に残らなかった作品である。前日譚として「ふったらどしゃぶり」という作品があると知り、そちらを読んだらとても面白かった。メインキャラクターの一人が登場する作品として「ナイトガーデン」を読み返した。彼らの背景について知った上で読むとより理解が深まったが、感動するというよりは心配になった。受よ、そんな相手と生涯を共にすると誓って大丈夫なのか、君のように素直でいい若者なら、もっといい人が見つかるぞ……と。物語としては面白いが、メインカップルの未来を手放しで応援する心境にはなれない小説だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

スピンオフ

2016/07/23 11:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ふったら~」では、意外に普通な人だったんだ、と思った和章でしたが、やはり、少し変わってましたね。
でも、一番、印象に残ったのは、石蕗教授のラストシーンでしょうか。無念を抱えたまま、亡くなってしまうので、、、
イラストは、個人的には、あまり好きではありませんでしたが、このストーリーには、よく合ってると思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ふったらどしゃぶりのスピンオフ

2018/05/07 22:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分と整を閉じ込めていた檻がなくなり、何をしていいのかわからなくなっている和章の、ところどころに出てくる心情描写が良いですね。
同じように夜の庭のように閉じたところを歩いていた柊と出会い、少しずつ光がさしていくように二人が惹かれあい、すれ違うその過程すべてを半分涙ぐみながら読み進めて、ラストまでたどり着いた今は、本当に穏やかな気持ちになれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スピード

2017/11/30 23:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

整への罪悪感にがんじがらめになっている和章が柊と交流し、恋愛感情を意識するあたりの描写が良いですね。
柊の前向きさも。
前作より好きなCPかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/24 07:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/22 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/06 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/25 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/04 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/21 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/01 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/30 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/24 17:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/14 00:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

17 件中 1 件~ 15 件を表示