サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

プリニウス 2 (BUNCH COMICS 45 PREMIUM)(バンチコミックス)

プリニウス 2 (BUNCH COMICS 45 PREMIUM) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

ローマで過ごすプリニウス一行

2015/03/14 20:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あずきとぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

稀代の博物学者プリニウスを主人公に、古代ローマの世界を描くシリーズの第2巻。

1巻の終わりでローマへ帰還したプリニウス一行。
2巻では、ローマで過ごす三人の様子と、前巻に引き続き悩める皇帝ネロの姿が描かれる。
ローマの汚れた空気により、プリニウスは持病の喘息が悪化してしまう。
プリニウスの書記官エウクレスは、屋敷の手伝いなどをする中で恋に落ちる。
1巻ではプリニウスの警護をしながらも見せ場がなかった兵士のフェリクスは、今回は活躍シーンが用意されている。
しかし、居宅に戻ると、細君には頭が上がらない。
一方、ローマ皇帝ネロは、自分の周囲に理解者がいないことに孤独感や猜疑心を深め、疑心暗鬼・自暴自棄へと落ち込んでいく。

この2巻は、派手な展開はあまりなく、むしろ今後の展開への力を潜めた「嵐の前」と言えるかも知れない。
プリニウスは、喘息の療養のためにローマから北の地へと発つことを決める。
すると、エウクレスの恋はどうなるのか。
また、2巻の終わりの流れからは、いよいよネロの暴君としての側面が噴出する予感が。
次巻、第3巻が待ち遠しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ローマの人々が魅力的で面白い

2016/03/27 17:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

第1巻がプリニウスのお披露目といった感があり、まだどんな風にストーリーが展開していくのかわからないところがありましたが、この第2巻になり、何か見えてきたように思えます。
舞台はローマに移り、正直プリニウス自身は喘息に悩まされながらローマでの生活を嫌々続けていただけのようなところがありますが、彼の周辺の人物たちがいろいろと動き出しています。
エウクレスはプリニウスの書記官となり、ローマでの生活を始めると様々な人間と出会い、何やら波乱を起こしそうな予感を持たせます。
フェリクスはきっとまだ若いんでしょうね。見かけが見かけなので歳がいっているように読んでしまっていましたが、まだ乳飲み子をいたりするわけですから。それに、なぜプリニウスがこの人物を必要としているのかもわかってきたように思います。
そして、何といってもネロの言動が興味深いところです。
そんなに世界史に詳しいわけではありませんが、これまで持っていたネロのイメージが変わってしまいそうです。
他にもローマの市井の人々が登場したりして、続きを読みたくなってしまいます。
これからこうした人々を中心にして、何よりプリニウスが描かれていくのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新しい発見

2015/07/23 20:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あらら - この投稿者のレビュー一覧を見る

将軍にして博物学者。そして彼の言葉を綴る筆記者。
皇帝ネロとの関係が気になる。
この人物は全く知らない人でした。歴史背景も人物も興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/15 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/14 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/21 01:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/14 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/02 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/16 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/17 07:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/07 08:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

11 件中 1 件~ 11 件を表示