サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

hontoレビュー

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ほしい本の一覧を見る

母と姉(フランス書院文庫)

母と姉 みんなのレビュー

  • 高 竜也 (著)
  • 税込価格:4414pt
  • 出版社:フランス書院
  • 発行年月:198704
  • 発送可能日:購入できません

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

相姦の禁忌と憂いをじっくり描いた黎明期の逸品

2018/09/10 23:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

弟もしくは息子の狂った所業に戸惑い、懊悩し、それを拒むも疼きと昂りを覚えては受け入れてしまう自身の肉体を恨み、そして呪う。そんな自分もまた狂っているとする相姦の背徳とその心情にしっかりフォーカスした筆致はさすがに黎明期の逸品と言わざるを得ない。文章に熱が籠っている。心は抵抗するも家族の一員だし肉欲も生じて抗えなくなる女の哀れと、思春期の旺盛な好奇心から実際の体験を経て大人びていく男の感動にも似た、喜々とした振る舞いがすれ違う様は哀歌のごときである。実母と実姉。シンプル極まるタイトルが全てを表しているかの母子相姦・姉弟相姦の切ない物語が重厚に描かれていた。

裕福な家庭で成績優秀、将来を嘱望されたが故に独り善がりな一面もある少年というのは作者が得意とする主人公像であり、舞台設定である。高校生になったばかりの過去回想から大学受験を見据える頃までの時間経過があるため、この間に姉は大学生になっており、38歳の母は四十路に差し掛かろうかという年齢を重ねている。そんな中で、ふとしたことから姉にオンナを見てしまう前半と、同様に母にもオンナを見てしまう後半とに大別してそれぞれとの相姦へと至る経緯が描かれていく。過去から現在を姉が、その後を母が受け持つ形とも言える。さらには第3のヒロインたる1人の女子高生が主人公の彼女として登場し、姉で得た経験を活かしつつ「淫らになれば女は皆同じ」との感慨を抱く契機となるのも作者お馴染みの構成であろう。深窓の令嬢たる姉と清楚で貞淑な母もまた秘めたる妖艶な一面を垣間見せるのである。この淫らなギャップが刹那の空閨を誘い、その隙を主人公に突かれている。

にっちもさっちもいかなくなったエスカレートの果てに姉は大学の寮へと逃げ場を求め、夫や義父といった家族・親族にはひた隠しにしてきた母は逃げ場を失う。これが悲劇的な結末へと向かうのは旧作のお約束ではあるのだが、旧作らしくリアリティを追求した結果なればこその必然性を感じることができた。この結末や作中の出来事に関連してイマドキとはやや異なる形で「妊娠」が扱われていることも添えておく。

時代や世相によって価値観は変化していくものだが、それらを超越して母子相姦・姉弟相姦とは本来こういうものであるというお手本を目にした心持ちである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示