サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

hontoレビュー

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

熟蜜 義姉のしずく(竹書房文庫)

熟蜜 義姉のしずく みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

未亡人の避けられぬ現実

2015/06/14 22:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

サブヒロイン達との逢瀬の果てに想い人たるメインヒロインと遂に結ばれるのか?といった流れはここ数作の路線を踏襲した構成であり、作者としては竹書房文庫から初の出版ながらも気負いなく普段通りなロジックで纏めている様子。竹書房ラブロマン文庫から出ていても遜色のない官能場面も描写もある。しかし、未亡人という設定を単に属性のみとして扱わず、未亡人だからこそのしがらみをきちんと織り込んだことで滲み出る憂いを帯びた切なさが本作を独特に彩っている。

仏前で喪服を着ていれば未亡人なのではなく、亡夫への想いを整理して、物理的にも時間経過的にもいろいろと順序立ててからでないと次に進めない未亡人のしがらみ。それを有り体に言えば作中の言葉でもある「世間体」であり、つまりは亡夫への操の立て方である。

苦悩や葛藤はあるだろうけど、後は自分(主人公)が穴埋めするからさっさとこっちにおいでよ、といった男の身勝手な思考では片付けられない女(未亡人)の側面が暗に示されており、その相手が義弟であればなおさら世間一般に加えて家族や親族の目もあることを窺わせる抵抗……拒絶ではなく時間がほしい意味合いの抵抗……が見て取れる。

しかも、それが表立っては示されないことで(気づかない、察しない)男との感覚的なズレが生み出され、そのズレが主人公とサブヒロイン達との接点を設ける要因となり、それでも増幅されていく未亡人への想いの要因にもなっている。手が届きそうで届かないもどかしさで男心を煽りつつ、そうは言っても、といった女心も盛り込むことで生じる男女のモヤッとした感じを巧みに描いているのはさすがと言える。

好みの分かれる形にもなったその行方は時間的な猶予が絶たれてしまった結果であり、めぐり巡った遠回りな結末は本来必要とした自他共に認められる区切りの年月だったのかもしれない。「喪が明けた」2人のその後を読んでみたくなる余韻が残る幕の引き方であろう。

そうした現実性にあって、美しい女性が未亡人として憂いていたら他の男も放っておかないであろうという官能的なモヤッと感も親族から狙われる形で興奮度の向上に寄与しているのはニクいところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示