サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

hontoレビュー

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ほしい本の一覧を見る

母と少年と担任教師

母と少年と担任教師 みんなのレビュー

  • 高 竜也 (著)
  • 税込価格:5244pt
  • 出版社:フランス書院
  • 発行年月:199304
  • 発送可能日:購入できません

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

下衆な担任教師の毒牙にかかる母

2017/04/25 17:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

基本は実母相姦だが、生徒たる息子の弱みに付け入って母を追い込み、遂には言いなりにまでさせる下衆な担任教師の策略が割り込んでくるところに別種の淫猥さがずっしりと加味された作品である。1人のヒロインに対して男が2人、しかも脅された母が抵抗したくてもできない状況というのは凌辱路線の構図と言えるが、昂ると早々に我を忘れて乱れ、刹那の肉欲に屈してしまう描写には和姦テイストもあり、かと言って、いわゆる「一竿」を基本とする昨今のフランス書院文庫の誘惑路線とは明らかに異なることから旧作ならでは、この作者ならではのテイストとも言えるであろう。どっちつかずと見ることもでき、何より古典的な設定ではあるのだが、それ故にツボにハマれば堪らない作風と言える。

まだ若手と思しき担任教師〈工藤〉の手管に屈していく未亡人の母【貴和子】36歳が片や息子〈慎也〉16歳と秘密の甘い睦言を繰り返す。これがほぼ交互に描かれる中で工藤と慎也には互いに見えざる接点があった。それは貴和子の内腿に付けられたキスマーク。これに違和感を覚えた工藤がさらに1つ追加し、それを見た(数が増えていた)慎也が訝しむというやり取りがある。互いに別の男の存在を意識し、嫉妬し、自分を誇示する対抗心を姿なき相手に見せつけようとする秀逸な演出である。これによってエスカレートしていく官能面が濃密さを増していく。

慎也が授業中の白昼に工藤は貴和子の在宅を狙い、お手伝いさんを尻目に立位で後ろから貫き、遂には情事の痕跡から相手が教え子であり実の息子(慎也)であると突き止め、貴和子の抵抗を失わせるに至る。「お母さん」から「奥さん」の次には「あんた」と呼び方も変わり、次第に不遜な横柄さを隠さなくなっていく。れっきとした婚約者がいながら独身の最後を貴和子で謳歌しようと画策する工藤は女に対して自信満々の鼻持ちならない悪役として充分な働きを見せるのだが、対抗心極まった果てに、あるいは貴和子をモノにしたと有頂天になった果てに施した剃毛が命取りとなる。この事態に確信を得た慎也の逆襲が工藤の婚約者に及ぶからである。

その結末は、状況を把握した慎也が婚約者を襲った後に確たる証拠を揃えた時点で終了となり、その後の顛末は読み手に委ねれてしまうのだが、できれば慌てふためき右往左往する工藤の狼狽やその後の落ちぶれた姿まで盛り込んだ、即ち工藤に天罰が下ったところまで見届ける痛快さをさらに味わいたかった気もする。しかし、それは蛇足ということであろう。

未亡人の母に忍び寄る下衆な担任教師という設定の良さ。抵抗するもその手管に翻弄され、屈して堕ちていく官能描写の淫猥さ。そして、それらが甘い母子相姦を狂わせていく見事なまでの演出には唸るばかり。個人的にはこの作者の最高級に位置づけられる屈指の名作と称したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示