サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

hontoレビュー

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ほしい本の一覧を見る

美姉と少年・狂った寝室

美姉と少年・狂った寝室 みんなのレビュー

  • 高 竜也 (著)
  • 税込価格:5254pt
  • 出版社:フランス書院
  • 発行年月:199412
  • 発送可能日:購入できません

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

オンナを呼び起こされた人妻が被虐を愉悦の欲望に変える

2016/11/22 20:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

25歳の人妻【綾子】が最終的には弟との相姦へと発展していくのだが、それが話の本筋ではない。夫の長期出張から何となくの流れで関係を持った学生時代の友人男性(今は弟が通う高校のバスケットボール部コーチ)に端を発し、弟の友人にしてバスケ部員の【西村】から迫られる境遇に陥り、さらには別の少年2人の筆下しまで強要されるという、構成だけを見れば凌辱路線と言える悩ましい作品だった。

弟を含めば計5人もの男が群がる中でも居丈高かつ執拗に何度も迫ってくる西村を嫌々ながら、というか嫌々を装いつつ内心では西村を含む男達との逢瀬を受け入れていく綾子のしたたかな一面を描いている。当初は慎みのある人妻だった綾子がコーチによって淫らな本性を発露させられ、西村によって開花させられていく中で最後は弟に辿り着くまでの心と体の変遷を描いたとも言えよう。元より開放的な性格もあって抵抗するのも誘いのポーズという綾子の心情が凌辱路線とは一線を画すテイストに仕上がっている。

学生時代を懐かしむ思いもあり、夫の長期不在も手伝ってコーチと男女の仲になる綾子だが、その後のコーチの軽挙が元凶となる。以降、しばらく登場場面はないのだが、ある意味ではだらしない男を象徴するかのように終盤で綾子から無残な仕打ちを受けるコーチは自業自得の因果応報であろう。

本作の主人公格は西村となる。弟を通じて綾子を知り、コーチの言動から狙いをつけるに至り、コーチとの浮気につけ入り、最後は言いなりにさせるのは高作品で時折出てくる「ヒロインの弱みにつけこむ」悪童である。複雑な家庭環境から若くして体験豊富。コーチから焦らしのテクニックまで吸収して綾子を窮地に追い込む。事ある毎に綾子を押し倒して性欲を発散させるのだが、同時にチェリーな少年を2人も斡旋することから独占欲よりも単に性欲を満たすことを目的とした無軌道な少年であることが窺える。この間に上下の口を塞がれる3Pがあれば、気弱な少年を導くような甘さもあるといった様々な官能描写が連続している。

その一方では少年達と同様に行き場のない性の悩みを抱く弟が描かれていき、西村との情事を目撃したことから後半では姉弟相姦の色合いが加わっていく。脅迫の凌辱風味から筆下しの誘惑テイストを交えつつ相姦まで加味されるのは昨今あまり見られない展開の幅広さだが、それらが程良く調和しているのは作者らしいさすがの構成と言えよう。

ただ、落としどころとして姉弟相姦を盛り込んだようにも写るために展開の幅広さが却って散漫な印象に陥る可能性も否定できず、コーチへの「仕打ち」とセットで一網打尽に事態の打開を図るのは痛快ではあるが、若干の都合の良さを感じないでもない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示