サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.9

評価内訳

10 件中 1 件~ 10 件を表示

電子書籍

マリーアントワネットとデュバリー

2015/06/26 10:39

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宮村みやこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

マリーアントワネットがデュバリーに声をかけずに恥をかかせたことでルイ15世がオーストリアに宣戦布告しそうになったというのはベルバラにもあったけど側近のとりなしでアントワネットがフランス語で書くとエラーが起こるので英語で書くけど”There are a lot of people at Versailles today”と声をかけて戦争が回避されたと言う話は有名な箇所だね。でも作者が描きたいのはマリー・ジョセフ・サンソンなのは明らかだ。マリーがアランや子供達を殺した貴族をどうするのか早く見たいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

表紙は誰なのか…

2017/10/13 23:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

やはりマリー・ジョセフだろうか。

デュ・バリーVSアントワネット側の派閥争いがやっと終わる。
元々サービス精神あふれるアントワネットだから、良い反応さえあれば
アッサリ納得するところとか、私個人の見解と近いものがあります。

せっかくだから、ルージュへの序章となるマリー・ジョセフとアランの恋はもっと見たかったです。
急に出てきたアランに対して読者があまり理解できないまま幕を閉じてしまう印象です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/25 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/03 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/05 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/20 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/08 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/23 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/07 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/12 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

10 件中 1 件~ 10 件を表示