サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

hontoレビュー

日米開戦 陸軍の勝算 「秋丸機関」の最終報告書(祥伝社新書)

日米開戦 陸軍の勝算 「秋丸機関」の最終報告書 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

読み物として純粋に面白い!!

2015/12/10 21:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒酢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第二次世界大戦について知識があまり無くても面白く読めると思います。

「秋丸機関」とは何か?
日本陸軍はなぜ、日米開戦を決めたのか?
陸軍に勝算はあったのか?
なぜ日本は負けたのか?

以上の問いに対して、本書はきちんと回答を示しています。
現在の通説と言われる、米国との経済力は雲泥の差で勝てる訳がない戦争に、陸軍が無謀にも暴走し、海軍は止められず、しかたなしに真珠湾攻撃で米国に一矢を報いた、というような言説とは全く異なります。
よって、本書の回答を信じる信じないは読者次第です。
ただし、本書は合理的に話を進めており、一読の価値はあります。

また、秋丸機関の最終報告書の一部である「英米合作経済抗戦力調査(其一)」が発見された経緯や、そのメイン執筆者であった有沢広巳氏の真意などの考察についての本書の記載は、なかなか考えさせられるものがあります。

第一章は数値の計算が多かったり、時代背景の説明など、なかなか硬い文章で進みますが、第二章あたりから盛り上がり、最後まで一気に読めてしまいます。

オススメ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日米開戦陸軍の勝算

2015/10/22 10:17

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:如水 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日米戦のシュミレーションは、満鉄調査部中心になって作成した物は、知っていましたが、そのほかにあった事を知り、興味深く読みました。やはり、日露戦争のように、開戦前に落としどころを決めて始めるべきだったと改めて思いました。また陸海の戦いの目的が違うなら始めるべきではなかったと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/24 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示