サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

2019年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン ~11/30

hontoレビュー

戦場のコックたち

戦場のコックたち みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー183件

みんなの評価3.9

評価内訳

183 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

今までにない

2016/01/31 21:20

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイプの主人公、世界観のミステリで面白い。
自分がほとんど関わりを持てない世界を覗き見しているようでほぅほぅとためになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人間って力強いと思える

2017/08/09 19:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ずんのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

第二次世界大戦のアメリカ軍のコック兵を中心に書かれた長編推理小説。長編ではあるものの、提示される様々な謎や不可思議は細かく解決されるので、連作短編のような形。戦争という重苦しい中でも明るく振る舞う若者たちにつられるように、物語全体も重苦しい漢字ではなく、逆にみずみずしささえ感じられます。また若者ならではの生々しい感情や衝動なども丁寧に描かれているので、青春小説としても読めます。
途中で登場人物の何人かは死んでしまいますが、それも陰惨な感じではなく、最後には彼らが報われる場面も描かれているので、人間って力強い生き物なんだなと感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アメリカの空気

2016/02/29 06:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

第2次世界大戦を見事にアメリカ側の軍隊から描いた物語。
祖母の料理と愛情で育てられたキッド。
気軽に軍隊に入隊したキッドは、友人と友情を育み、友人の死を目の当たりにし苦しみ成長する。

軍隊で起きる事件をエドと一緒に謎を解決しながら、キッドは戦争という理不尽な生と死に直面しながら戦士として戦う。
自分がした事、発した言葉、それらは決して忘れ去られることはなく、いつまでも自分に残される。
それらを抱えながら、戦後を懸命に過ごしてきた戦友達との再会に涙した。

ノルマンディー作戦をアメリカ側から見る事が出来た。
パラシュートで飛行機から落とされる戦士達、いつの間にか戦争に慣れ敵国の戦士を殺す事が当然と考えるキッド。
そんなキッドに訳ありの友人達が心からの言葉を伝えながら戦い続ける。

直木賞候補の作品。
読み初めからアメリカの雰囲気を感じさせる文書から、ミステリーを解き明かす展開と、人と人が殺し合う戦争へのメッセージが読む者を引きつける。
書店員が書いた小説と知って驚きの完成度。
これからの作品に多いに期待したい作家。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第二次世界大戦の従軍特技兵の物語。

2017/01/23 08:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

本屋大賞の候補になり気になっていました。
直木賞候補にもなったこの作品を、ようやく読むことが
できました。従軍するコックの話だろうと想像していて、確かに
そうではあったのですが、思っていたことと違いました。

工兵、コックなどは特技兵の階級が与えられます。
自分の印象では、連隊の後方からついてきて、炊事場の
設営や食事の調理だけをする人たちかと思っていました。
全然違いました。
映画などで見る戦闘シーン・食事シーン・医療シーンなどに
引きずられていたのですね。そんなのは条件の整った状態
なのです。言葉通り、兵士でした。

補給隊が物資を運んできます。
車が使えない時は、輸送機で空から落としてきます。
その中の食料品の分配と、食材の調理がコックの仕事です。
営巣地が構えられれば、付近の民家と交渉して台所を
使わせてもらったり、水を引いたり、庭を使ったりして簡易厨房
をこしらえます。その時はコックとして存分に腕をふるいます。

でも前線に送られることもあるわけで、タコ壺の中でマシンガン
を構えながら、朝食は糧食(レーション)というカロリーメイト
を各自で食べるようにして、夕食は山登り用の簡易コンロで
缶詰を温めたりするなど、隊員の食事をいつも頭の片隅に
おいています。
限られた食材のやりくりを考えつつ戦闘もするという、
二足のわらじの人です。

時にはドイツ兵の死体あさりで携帯食を確保したりもします。
ドイツ兵のものはおいしいという噂を聞きつけ、心を病んだ
戦友を温かい料理で満たせば心が氷解するかもしれない、
そんな気持ちも伝わってきます。

各章で小話的に謎が組み込まれていて、物語の推進力の
ひとつになっています。
謎の解明はそんなものかという感じなのですが、全編に
流れる特技兵たちの仲間意識の強さが物語の核に
なっています。

戦争ヒューマニズム映画を一本見たという感じです。
二段書きなのでボリューム感がありますが、読ませる力は
強い本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第二次世界大戦下の軍におけるコックが主人公という異色ミステリ。

2015/12/15 15:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリといっても、戦争の話や軍の中での青年たちの交流の話がメインで、ミステリ要素はさほど強くない。粉末卵(こういう変わった素材が出てくるのもこの時代ならでは)の紛失事件などをはじめ、何か事件が起こり、エドがそれを解く…という流れはあるが、話の印象は戦争そのもの、軍人たちそのものにある。
すごくよく書き込まれた力作だとは思うが、正直テーマと時代背景があまり私の好みではなく、興味を持ってつぶさに読むことができなかった。ただ、後半、ある出来事以降の主人公の心情の描かれ方は圧巻。涙が出そうになる場面もあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

直木賞候補…?

2017/10/18 14:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名無し - この投稿者のレビュー一覧を見る

あまり焦点にならない兵士を主人公にした青春物。青春、と片付けてしまうには環境と代償は大きいけれど軽やかなタッチで書かれる戦場の日常ミステリー。参考文献に挙げている海外ドラマと原作を参考どころかエピソードをそこかしこで使っているので「パクり…?」と感じてしまうのが傷。直木賞候補の基準って何だろう、と余計な事が浮かんでしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/29 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/08 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/13 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/22 09:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/04 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/18 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/22 18:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/20 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/15 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

183 件中 1 件~ 15 件を表示