サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

hontoレビュー

我が家のヒミツ

我が家のヒミツ みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー123件

みんなの評価4.0

評価内訳

123 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

さわやかな読後感

2016/01/04 16:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DS-S - この投稿者のレビュー一覧を見る

大きな事件はなし、だれも死なない、といった日常だれにでも起こるような状況下でのお話ばかり。そのような設定条件でとてもさわやかな読後感が得られるという見事な一冊。奥田さんのこのタイプの本がとても大好きです。次回作が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

家族シリーズ大好き。

2015/10/05 02:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この「我が家のヒミツ」も期待通り。短編なのに一話一話にたっぷりと登場人物の心が思いやりの気持ちがつまってる。悪い人はいない、みんな良い人だし良い人に恵まれていて私の心がホッとする。身近な人の死で温度差を感じるってよくわかる。悲劇と嘆くか運命と諦めるか、AプランもBプランもあるんだなって大西さんに教わった。妻を思う夫と頑張る妻、気持ちは一緒の息子たち、私もうるうる。。。奥田さんは絶対このシリーズを続けてくださいね。「家日和」「我が家の事情」ももう一度読み返したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

家族シリーズ第3弾

2017/10/22 05:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

「家日和」「我が家の問題」に続いて、6組の家族の日常を描いています。ありふれた風景の中にある泣き笑いに心あたたまるものがありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あの家族に再会!

2015/11/26 16:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nuuko - この投稿者のレビュー一覧を見る

全体的にライトで楽しく読めました。読み進めると・・・最後に見たことのある家族。また会える日を楽しみにして・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少し重いかな・・・

2015/10/19 23:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FUMI - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の作品は大きく分けて「面白くて読みやすい」ものと「ものすごいシリアス」なもの2つがある。
 このシリーズは前者であると思うが、その割には少しテーマが重いモノが多いような気がする。でも、毎回物語の最後はほっこりする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伊良部ものも読みたい

2016/12/20 17:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:katu - この投稿者のレビュー一覧を見る

やはり著者の分身が出てくる話が「家」シリーズのお楽しみ。今回は妻が市議選に立候補する『妻と選挙』。相変わらず面白いけど、もう伊良部ものは書いてくれないのかなあ。待ってるんだけどな。冒頭の『虫歯とピアニスト』も良かったね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

軽すぎるが…

2015/10/09 22:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みやすい1冊。逆に言えば軽すぎる6編が収録されているわけだが、これもまた奥田氏の持ち味ではある。「アンナの十二月」「手紙に乗せて」などは、ホロッとさせる物語の展開で、さすがにプロだなと思わせる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心停止状態

2017/09/23 15:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読書はじめました - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白くなかった。
「妻と選挙」以外は平坦過ぎ。
例えると、心停止状態。
波が無い一本の線で、ピーと電子音がただ鳴っているだけ。
時間つぶしにしかならなかった。(時間をとってまで読みたいとは思わない)

ラストの「妻と選挙」で少し息を吹き返したが、全体としてはツマンナイ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/08 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/22 09:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/16 16:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/08 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/31 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/13 10:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/10 15:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

123 件中 1 件~ 15 件を表示