サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/7/13~7/31)

hontoレビュー

恋煩い(新書館ディアプラス文庫)

恋煩い みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

電子書籍

どっちが攻めかドキドキ

2016/01/16 20:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまんばち - この投稿者のレビュー一覧を見る

どっちが攻めかドキドキできる作品って結構少ないと思うんです。
この作品はどちらも男らしくてカッコいいタイプで、そういう意味でも楽しめました。
どっちも上になりたい、攻め×攻め感がよく出ていてオススメです。
くっついてからもより楽しめました。
この二人よりさらに強い攻めオーラのでてる脇キャラの秘書さんが気になります。スピンオフ希望!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

似た体格のCP萌え

2017/09/10 12:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリ2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

【注:受け攻めについての言及あり】

似たような体格(攻め:182cm、受け:180cm)なのがとても萌えました。
過去にタチ専だった男が攻め相手には受けになる展開が好みの方に大変おすすめです。
攻めたい攻めたいと思い詰めて空回りしながらもお尻を疼かせる元攻め、最高です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

すごく煩ってる

2017/08/31 00:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

恋煩いのタイトルがピッタリ。
主人公の槻島はオラオラの照れ隠し系でとってもキュート。そんな彼が悶々とする様は面白くもあり焦れったくもあり。
若干現実離れした感じはありましたが小説だしそんなもんかなと。
出来上がってからも、男前二人でなに空回ってんのとクスリと笑っちゃう感じ。
爽やかで良いカップルと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

4

2018/05/23 23:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:NATSU - この投稿者のレビュー一覧を見る

砂原糖子『恋煩い』
煩ってる感がひしひしと伝わってきて大変宜しいですが、何と言っても下宿モノ。例え色気が無くても妙にときめきを感じるシチュエーション。しかもドキドキの壁穴付き。
色々と拗らせ捲って思春期真っ盛りの男子中学生みたいなメンタルの主人公が、見た目の精悍さを裏切ってヒヨコ柄のエプロンでも似合いそうな理想の管理人に一目惚れして、人生があらゆる意味で180度ひっくり返る。
惚れた方が負けの典型的なパターンで、普段は露悪的で皮肉屋な主人公が、恥ずかしいくらい可愛くなっていくのがもう何とも痒いです。器小ちゃい可愛い。
後編『恋模様』は管理人のターンで、これまた大いに煩ってくれてますが、拗らせ社長が表題作を上回る勢いで煩いまくった挙句、ヤマアラシみたいだったのがトゲのないハリネズミのようになって可愛らしさにも磨きが掛かった感じ。妙に初々しいジレジレした関係も良い。
と言うか実はコレ、オール秘書のターン?
作者の壁穴への並々ならぬ拘りが感じられる良作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

サブキャラの

2017/03/14 23:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

樫谷さんが、すごく印象的でした。主人公の二人がカップルになれたのも、彼のお陰ですね。どこまで調べ上げてるのか気になります。
槻島は、ただの嫌味なキャラかと思ってたら、意外に悲しい過去のエピソードが出てきて、ウルっときました。永沼に想いを寄せる様子は、微笑ましたかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/19 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/04 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/03 00:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/30 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/23 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/13 04:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

11 件中 1 件~ 11 件を表示