サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

hontoレビュー

小泉今日子書評集

小泉今日子書評集 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー102件

みんなの評価4.3

評価内訳

102 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

なんたって、アイドル

2016/01/07 08:13

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

出版界の2015年は芥川賞を受賞した又吉直樹さんの『火花』で話題独占の一年であった。
 漫才師と小説家、その取り合わせに世間が驚いたが、又吉さんと芥川賞を同時受賞した羽田圭介さんのその後の芸人活動(?)の方が目をひいた。
 2016年は書評家小泉今日子元年になるのではと予感させる一冊が昨年の秋に出版された。
 それが、この本である。
 アイドル教祖ともいえる小泉今日子さんが読売新聞書評欄に2005年から2014年の十年間書き綴った書評を読むと、本業と副業そのものに違いがあるのだろうかと思えてくる。
 ここには素敵に年齢を重ねた、アイドルとか女優といった枠に捉えられない本を読む女性ならではの視点がある。
 本はこうして読み、こうして批評や感想を書いていくのだと、ただただ感心してしまう。

 小泉さんが本を読むのを好きになったのは、人と話すのが億劫なくらい忙しかったという十代の頃。最初から本が好きだということではなく、「どうか私に話しかけないで下さい。そんな貼り紙代わり」に本を読んでいたという。
 確かに本を読んでいる人に話しかける人は少ない。自分を防御するために本を読む。本が好きな人にはそういうことは、多分、ある。
 しかし、そういう生き方の本音のようなことを人に話すことはあまりない。隠しておきたい部分だからだ。
 小泉さんの書評のいいところは、そういう知られたくない本音に部分も書いてしまうことだ。
 伊吹有喜さんの『四十九日のレシピ』の書評の書き出しはこうだ。「四十歳を過ぎた私の人生の中で、やり残したことがあるとしたら自分の子供を持つことだ」。なんとも赤裸々な書き出しだろう。
 書評家が抜き身の真剣勝負でくれば、読書家もそれに応えるしかない。
 小泉さんの書評の魅力である。

 小泉さんに書評執筆を薦めた演出家の久世光彦さんは小泉さんの書評を読んでこう評価したそうだ。
 「あなたの書評を読むと、その本が読みたくなるというところが、何よりすばらしい。それが書評ということなのです」と。
 小泉今日子さんは書評家としてこれからも活躍するに違いない。
 なんたって、アイドル、なんだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

半分エッセイ

2016/04/23 03:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MK - この投稿者のレビュー一覧を見る

書評集というのも小泉今日子著というのも初めて読みました。
買ってよかったです。言葉のセンスもいいし、元アイドル・女優という目線で入るとほぼ期待できない、もしくはゴーストでしょ、という今までのタレント本という概念を見事に打ち破って嬉しい裏切りです。
同年代の私ですが、アイドル時代はほとんどキョンキョンには興味がありませんでした。ここ数年のキョンキョンのドラマを見ていっぺんでファンになり、MEKURUの特集号を読んでからハマってしまいました。
書評の半分くらいはエッセイです。そこがすごく魅力ありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

適応の高さ

2016/03/27 23:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

小泉今日子はデビュー以来さまざまな仕事に対してえり好みしないで、まずはやってみて、そこからアレンジしている。その適応の高さには読書量があると感じる。単なるアイドルではなかった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すぐそばで語りかけるように

2016/03/15 12:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kisuke - この投稿者のレビュー一覧を見る

小泉今日子さんが読売新聞に書いた書評10年分がまとめられた本です。
「ねぇ、この間とても面白い本を読んだの、主人公が…」と、実際にすぐそばで小泉さんが語りかけてくるような、あるいはメールで教えてくれるような、そんな気持ちになる、率直で飾らない文章でした。こういう方と本について延々語り合ってみたいと思いました。
小泉さんにこんなふうに書かれた作家さん達は、さぞ嬉しかったことでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新鮮

2016/08/14 22:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FUMI - この投稿者のレビュー一覧を見る

新鮮な書評集という感じがする。
 専門家のような人が書いた書評とは異なる視点から書かれたものが多く、読者側の目線の方が強いので参考にしやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なぜかじーん。

2016/03/16 16:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おけい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ただの書評。されどきょんきょん。
ただの書評なのに、この人の人生の深みみたいなものが伝わってきて、じーんとしたり、ぐさっときたり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

深い想いを感じました

2016/02/28 18:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まもり - この投稿者のレビュー一覧を見る

簡潔で気取らない文章に驚いた。小泉さんがこんなに文章上手とは…恥ずかしながら全くイメージしていなかった。私がずっと持っていた彼女に対するクールなイメージと同様に、潔く、気取らず、女々しくなく、それでもって素直な書評がページをめくると広がっている。評判が良かったから読んでみた。そうでなかったら手にとらなかったと思う。この本を読む前と後では、小泉今日子という一人の歌手でもあり女優でもある、一時アイドルとして名声を博した一人の女性に対する味方が180度変わってしまった。私にとってはそんな本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

書評

2016/01/19 17:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆらら - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞で掲載されていたものが本でまとめられ話題になっていたので購入してみました。
彼女のチョイスする本も独特で面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感性の高さ

2016/01/28 22:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なっとう - この投稿者のレビュー一覧を見る

対象の書籍が少し限定されているため、私的には興味が薄かったが、小泉今日子の感性には驚いた。分野を広げて再度発表してもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/14 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/02 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/25 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/29 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/19 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/10 16:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

102 件中 1 件~ 15 件を表示