サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

7周年施策(ポータルページ)(~6/30)

hontoレビュー

おとうさんぼくね…

おとうさんぼくね… みんなのレビュー

絵本

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

「・・・」に続くのは・・・

2016/11/13 07:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

長谷川義史さんといえばアクの強い絵を描く絵本作家です。
 大阪弁でいえば「コテコテ」となるでしょうか。
 でも、そんな絵が私は大好きです。
 生きているっていう感じが強くします。
 泣いている子どもも泣きやんだりする。ケンカしていた子どもも仲直りする。
 そんな強い絵が大好きです。

 でも、この絵本は長谷川義史さんらしくない絵で出来ています。
 もともと大阪の放送局の企画で南極に行ったアナウンサーと長谷川さんの文通から生まれた作品ということで、幼稚園を卒園し、春には小学1年生になる男の子のお父さんが仕事の関係で地球の裏側に行ってしまうという設定になっていて、そのために長谷川さんは子どもが描いた絵の雰囲気を出そうとしています。
 文もそうで、絵と同じようにクレヨンで描いているように描いています。

 遠く離れたところに行ってしまったお父さんを思う気持ちは大海に浮かんだお父さんの船が波に揺られている場面によく描かれいます。
 文はこうです。
 「ふねがゆれるの おとうさん、ぼくのこころもゆれてるよ。」
 家族を残して単身赴任をされているお父さんなら思わずグッとくるところです。

 男の子の気持ちを反映させたのか、長谷川さんは男の子の卒園式は雨だったと描きます。
 だから、小学校の入学が映えてくるような気がします。
 だって、タイトルの「おとうさん ぼくね・・・」に続く言葉は、ここでは書けませんが、まさにそういう場面だからこそですもの。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

思い

2016/11/06 20:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

関西のテレビ番組からうまれた本。番組内で取材で世界を飛び回っているアナウンサーさんとお子さんたちの気持ちを長谷川さんが絵本にしたもの。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。