サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~第四弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

hontoレビュー

拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々

拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.0

評価内訳

15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

覚悟の本

2016/01/18 22:48

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bookman - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞やニュースでは窺い知ることのできない内幕をここまで書くとは。凄い、と思いました。この本の内容が信頼できるのは、蓮池さん自身の過ちも率直に語っているところです。私は、周りの人にこの本を薦めています。多くの人が読んで、世論が動くことを願っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

口先だけの解決約束

2016/04/03 22:55

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

被害者の怒り。どれだけ政府に伝わっているのだろうか。本書を読んで感じた。2002年、5人の拉致被害者が帰国した際、首相も内閣官房参与も奪還する意志は見えなかった。本書で著者は政治家に利用された反省と拉致問題への解決を具体的に述べている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あの日

2016/03/22 13:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ノンフィクションであると同時に、蓮池透氏の私見をまとめた一冊。以前は過激と見られていた氏の考えが徐々に変わっていった経緯がよくわかる。安倍総理への批判はもっともだと思うし、メディアスクラムに対する厳しい意見も理解できる。その点では、小保方晴子氏の「あの日」と共通点があり、蓮池氏にも幾つかの「あの日」があったことになる。文章がややくどいが、全体的には分かりやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

右?左?

2016/01/05 18:18

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいん - この投稿者のレビュー一覧を見る

国家的犯罪行為が、左や右の思想団体の影響を受けていたとは驚きです。進展しないというより、進展させないという事象に、他人ながら苛立ちを覚えます。政治家が、「解決」を目指して行動してくれることを願います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

拉致問題の理解

2018/07/20 16:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一時代、マスコミにもよく登場し、有名になった蓮池透氏の告発、暴露本である。タイトルは不遜で挑発的であり、名誉毀損等の騒ぎを起こしそうな文字を並べている。
 拉致問題が混沌として一向に進展しない、しなかった、状況を被害者家族の一員として自らの体験を踏まえ、反省の弁も交えながらまとめている。
 攻撃の矛先は安倍晋三をはじめとする政治家、田中均外務官僚を初はじめとする役人、朝日新聞・NHKなどのマスコミ、民間の支援組織、そして身内である「家族会」等広範だ。
 初めて知ったのだが、蓮池氏は元東京電力社員であり、原子力発電にも深く関係した技術系の人であった。TV番組に事務局長として出演していた頃、この人の本職はなんだろうかと考えたこともあったが、この本にて氷解した。
 現在の安倍内閣の対応を見ている限り、拉致問題の解決は全く見えてこない。裏で北朝鮮相手に工作を進めているのかもしれないが、安倍首相の言動は他力本願的であり、自ら当事者として解決しようという意志があるのかどうか。
 北朝鮮と国交を結んでいないのは世界ではアメリカと日本ぐらいなものだそうだ。国交正常化と戦後処理は重要な外交課題だ。北朝鮮はまともな国家とは思えないがそれでもけじめをつける必要があろう。国民を守るのが国家の義務なら責任者として戦略をもって進めてほしいものだ。
苛立っている蓮池氏の本を読んでみよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/17 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/23 12:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/12 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/22 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/27 08:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/03 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/21 19:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/26 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/04 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/03 03:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

15 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。