サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

はだれ雪

はだれ雪 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

美しい作品でした。

2019/03/21 20:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:satonoaki - この投稿者のレビュー一覧を見る

結末が悲しい別れになるよりも、できればハッピーエンドであってほしい…時代小説を手に取ると、いつも思います。
赤穂浪士の話は忠臣とはいえ、小説で芝居でテレビで語られてきましたから、『はだれ雪』でどのように絡ませてくるのか興味深く読みました。
勘解由と紗英に温かい結末が用意されていて、良かったです。
葉室作品に共通する武士の矜持を、今回も味わわせていただくことができました。

ただ、偶然なのですが、「永井勘解由」という名前に笑ってしまいました。
岡本さとるさんの『取次屋栄三』シリーズに、準レギュラーとして出てくる懐深い大身旗本が、永井勘解由です。
もちろん『はだれ雪』の永井勘解由とは何ら関係が無いですけど、同姓同名なので、びっくりしました。
『はだれ雪』の勘解由に感情移入しようとすると、ときどきひょっこり栄三が頭に浮かんでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これぞ正当派時代小説

2016/02/05 07:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

元禄15年12月14日に起こった赤穂浪士47人による吉良上野介討ち入りほど、日本人に愛される事件はない。何度となく小説に描かれ、映画化テレビドラマ化され、それでもまだ飽くことを知らない。
 赤穂浪士の討ち入りが日本人に愛されるのは、主君の仇をどううつのかといったサスペンスの要素を持ちながら人情話や恋愛の要素もはいってくるエンタテイメント色が強いからだろう。
 葉室麟によるこの作品も赤穂浪士による討ち入りを題材としつつ、人として生きるには、愛する者を守るにはを描いた、正統派時代小説である。
 どこまでが史実でどこからが創作なのか知らなくとも、十分に楽しめる娯楽小説といってもいい。

 討ち入りより一年前の元禄14年3月14日、江戸城松之廊下にて赤穂藩藩主浅野内匠頭長矩による刃傷事件が起こる。これにより、浅野内匠頭は切腹を命じられた。この時、浅野の最後の言葉を聞き取った一人の男がいた。
 この物語の主人公永井勘解由(かげゆ)である。
 このことで永井は将軍綱吉の怒りに触れ、扇野藩へ流罪となる。
 流罪とはいえ旗本である永井を受け入れるに際してどう対処すべきか扇野藩でも困窮する。
 結果、永井の世話をする女人を置くことが決まり、紗英にその任が回ってくる。
 男と女の心の動きを縦糸に、浅野の最後の言葉を知ろうと永井のもとを訪れる赤穂の浪士たちの思いを横糸にして、物語は見事な刺繍を編んでいく。

 刺繍には色糸が使われる。ここではそれが季節そのものでもある。
 タイトルになっている「はだれ雪」もそうだし、季節の花々も物語に色をつけていく。
 藩主の無念の切腹から討ち入りまでわずか2年弱、この時間も赤穂浪士の討ち入りが日本人に愛される理由の一つかもしれない。

 討ち入りがなって扇野藩に預けられた永井と紗英にも危険が迫っていく。
 「悲運に負けて立ち止まらぬこと、歩き続けること」こそ大事と、永井はいう。赤穂浪士たちと共鳴する永井の言葉である。
 永井こそ48番目の志士である。
 いや、葉室麟もまた常に前を向く志士といっていい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

傑作でした!!

2016/01/17 17:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のりちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

勘解由と紗英が本当の意味で夫婦になれて良かった。人は何を大切にしなければ
ならないか。本当の気持ちを言うことがどれだけ大切なことなのかを思い出させた作品だった。
 物語の筋立て自体もとても面白くてめが話せなかった。いつなにを読んでも葉室氏の作品は「外れ」がない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/09/02 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/24 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/03 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/06 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/13 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/16 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/12 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/07 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

11 件中 1 件~ 11 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。