サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

血の極点(集英社文庫)

血の極点 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

白から赤へ。 幻の五作目は黒かと思った(正確には<死>)。

2016/10/13 04:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ついに手をつけてしまった・・・作者急逝という不本意な形で終わるシリーズって、やはり切ない。 付き合いがそんなに長くないこのシリーズですらもそう思う。
シリーズ物ってよくも悪くも登場人物に愛着がわいてしまうから困ったもんだ。
前作『白の迷路』からさほど時間はたっていない。 いろいろと知りすぎてしまったカリ・ヴァーラのチームに危険が迫る・・・という展開に、前作で深い心の傷を負うことになってしまったカリの妻ケイトの問題も絡んで、生命の危険に関わる問題と、それぞれのプライベートが同じ重さで語られるという、ノワールものにしてはちょっと特異な流れになっております。

あるエストニア人の女性から、売春組織にさらわれたダウン症の娘の捜索を頼まれる、という<一応の事件>はあるものの、前作同様そっちを掘り下げると自分たちの身が危なくなる度も深まるという・・・どんだけフィンランドの闇は深いのか?!
相変わらずカリの感情は戻らず、やっぱりみんなコッシュは飲み続けているのでいつかそうなるだろうとは思っていたけれど、仲間を失う事態にまで発展。 怒りがカリの感情に火をつけかけるけれど、まだ不十分なんだよなぁ。

幻のシリーズ5作目は途中まで書かれていたそうなので、多分次である程度の決着がつく感じになっていたような気がしないでもないが、一応本作でも一区切りされているといえばされてはいる・・・すっきりした終わり方ではないけれど。

思えば『極夜-カーモス-』のときのカリ・ヴァーラがこんなふうに変わってしまうなんて、あの時は想像もしていなかった。 人間の持つ暗黒面、ダークサイドを描いた、という意味では<『スター・ウォーズ』エピソード1~3>をも凌駕するかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/04 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/26 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/22 07:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/12 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/15 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

6 件中 1 件~ 6 件を表示