サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.3

評価内訳

18 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

恋人が記憶喪失に。

2016/06/10 21:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校の同級生同士。
同棲中の恋人・貴博が事故にあい、付き合い始めてからの2年間の記憶が抜け落ちたところから始まります。
時間を遡って馴れ初めエピソードや貴博の姉への思いや指輪のエピソードなど大切なキーワードが出てきます。
積み上げてきたものを一気に失った多郎の不安。
姉が好きで好きなタイプはDカップの貴博、なぜか関心が多郎に傾く事への違和感。
寄り添いそうですれ違う二人の姿にキュンとします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んで良かった!

2016/12/19 21:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:花びら - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当に読んで良かったです。

最初は、試し読みの時に、絵柄があまり自分の好みじゃないなぁと思って一度読むのを止めてしまったのですが、この作品を読んでから阿仁谷ユイジ先生にハマりまして他に、男子迷路、完璧な飼育、を読みました。どちらも凄くエロくて可愛くて読んで良かったと思えました。

阿仁谷ユイジ先生の描く作品に外れはないと思います。

多郎(上の表紙の子)はエロいし、貴博(下の表紙の子)は性格可愛くて、何より二人して凄くいい子なんです。絶対二人結ばれて欲しいと終始思いました。

この作品に登場するメインの二人はもちろん、女性人も二人を理解してくれて良かったです。

最後のシーンで貴博、多郎と一緒に私も涙しました。最後まで読み終えた後のなんとも言えない切なさと温かさと二人の健気で可愛らしさに心にぐっときました。

読んで損はないと思います。是非!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気になる存在。

2016/06/26 15:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーる。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ふたりがどのように今の関係になったのかもしっかり書かれていて、とてもわかりやすいです。

付き合っていた頃の記憶を丸々無くしてしまった攻め。

そんな彼をおちゃらけているけどしっかりと自分の意志を持つ受け。

どちらもとてもいいキャラしてます。

あと、凄くエロを書くのが上手ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もういちど、

2016/03/08 23:22

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雪うさぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

記憶喪失の恋。
事故後、恋人は2年分の記憶を失っていた――。

記憶喪失攻×エロエロ健気受の
プレイバックラブ!

高校を卒業した春、
古藤多郎は恋人・藤井貴博が事故に遭ったという報を受ける。
病室に駆けつけると、藤井は2年分の記憶を失っていた。
セフレ関係からじわりじわりと相思相愛となり、同棲を始めたこの2年。
そのすべてを一気に失い、ただの同級生に戻ってしまった恋人に古藤はーーー!?

================★☆

冒頭から遡って、付き合い初めの頃から辿っていく話で
義理の姉への想いを断ち切るのに
付き合うことにしたのに
意識してる顔を見てる内にのめりこんでいって
両想いに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

切なさと、エロス

2018/05/06 11:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あおまさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

エロい場面がエロすぎる…。
いや、物語はわりと重く深い内容ですが。
とにかく切ない。多郎が抑え込んでいるだろう悲痛と、その忍耐強さに、胸が痛くなる。
だから、記憶をなくしたせいで思い違いをする藤井に、イライラハラハラしてしまう。違いますよ、その人じゃないよ、と。
この二人、無事に元通りになるのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

阿仁谷節全開っす

2016/03/04 17:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:またろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

まだ上巻しか読んでないですが、いつも通りエロがとろとろな感じです。記憶喪失ものと言っても上巻の時点では全然悲観的な感じはないです。受けの子の普段の時とエロスイッチ入った時とのギャップが阿仁谷さんの描く男子だぜ〜って感じです。好きです。それに攻めの子も流されつつがっつりハマってる姿もいい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

切ないです。

2018/08/26 20:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カツサンド - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゆっくりと、やっと、ちゃんと両想いになって、ラブラブだったのに、こんなことになるなんて。
多郎の気持ちを考えると、苦しくなってしまいます。
貴博、一日も早く、もう一度、多郎に恋をしてほしいです。
どうなるのか、続きが早く読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

記憶喪失もの

2017/01/11 16:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

記憶喪失もの・・・というと重く感じますが、元鞘におさまるまでのすったもんだが書かれていて、ふたりの掛け合いの会話が楽しい。CDにもなっている話題作らしいのでそちらも一度聞いてみたいなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

待ってました!の新刊

2016/03/08 20:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

阿仁谷先生の作品は好きで、BL作品のコミックスはすべて持っています。
本誌を未読の身としては、新作で、しかも上下巻ということに、発売前からとても楽しみにしていました。

・・・が、もともとハードルが上がっていたところに、前評判の良さから更に期待値が上がった所為か、個人的には現時点での評価は★3つかな、といった感じです。

高校の頃の同級生で、卒業後に同棲し始めて2年。
攻めの方が事故に遭い、2年分の記憶だけ綺麗に失ってしまうという設定は好みだし
相変わらずトロ顔や食事シーンは色っぽく、何気ない表情も魅力的です。

それなのに、いまひとつ乗りきれず、手放しで絶賛できないのはなぜなのか自分でも不思議だったりします;;;;
1話に1度は色っぽいシーン(ソロプレイとか)が入っているから・・・?

下巻を読んでもう一度読み返したら、また感想は変わるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

記憶喪失

2016/11/26 22:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

恋人が事故でにあった知らせを受けるところから始まります。多郎くんの普段と貴博くんといい感じになった時のギャップがいいです。続き気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

評価が良かったので…

2016/07/15 10:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:灰羽 - この投稿者のレビュー一覧を見る

評価が良かったので購入しました。
確かに内容はとても良かったです。
笑えるトコロもあるけど少し切なくて。
でも、絵がねぇー。
崩れ過ぎて誰か分からない…
もちろん流れで区別はつきますが
絵だけで判断がつかないほどに
崩れ過ぎで、私は無理でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/27 12:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/10 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/26 05:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/15 19:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

18 件中 1 件~ 15 件を表示