サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

王妃マルゴ VOLUME4 (愛蔵版コミックス)(愛蔵版コミックス)

王妃マルゴ VOLUME4 (愛蔵版コミックス) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

高い評価の役に立ったレビュー

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/03/06 07:06

今回の表紙はアンジュー公アンリ

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

『王妃マルゴ』もいつの間にやら4冊目。
一年に一冊出るかどうかのペースだから、1巻目が出てからもう3年ぐらいになるのか、ということに驚く。 作中では、もっと時間が流れているので特に違和感はないのですが。
“萩尾望都、初の歴史物!”、というふれこみで始まったこの物語、実際は「こんなにも自分が“女”であることに疑いをもたず、本能のままに行動するヒロインがこれまでの萩尾望都作品にいただろうか!」というほうが長年の読者としては驚きで、マルゴという人物をとてもハラハラしながら見てきたのですが、<運命の恋>に目覚めてからの彼女は一途な萩尾キャラらしくなり、しかし歴史の流れはその一途さを許さず、昔からのテーマである<母と娘>についてが際立って浮かび上がってくる仕掛け。

でもそのために“歴史”を背景としてただ借りてきたわけではなく、歴史の流れそのものもきっちりと過不足なく描き出す。 このバランス感覚、さすがです。
ちょうど『サラディナーサ』(これはスペインがメイン)で描かれていたほぼ同じ時代、フランスではどうだったのかがこれを読んでわかる!、というあたしのような世界史音痴にも大変ありがたい作品です。 カトリックとプロテスタントとの対立がだんだん明白になっていくところも非常に今日的というか。

マルゴをめぐる3人のアンリのうち、あたしはナヴァルのアンリが結構好きなんだけど・・・悲劇の予感で幕を閉じてしまった。
あぁ、早く続きを!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/01/24 17:33

まだ待たないといけないのね。

投稿者:れいま - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ちに待った4巻!ただ、電子版にはまた3〜4か月待ちでしょうか。紙本を買う人と、電子版を買う人との相関関係はそんなにないと思うので、同時発売して欲しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

今回の表紙はアンジュー公アンリ

2016/03/06 07:06

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

『王妃マルゴ』もいつの間にやら4冊目。
一年に一冊出るかどうかのペースだから、1巻目が出てからもう3年ぐらいになるのか、ということに驚く。 作中では、もっと時間が流れているので特に違和感はないのですが。
“萩尾望都、初の歴史物!”、というふれこみで始まったこの物語、実際は「こんなにも自分が“女”であることに疑いをもたず、本能のままに行動するヒロインがこれまでの萩尾望都作品にいただろうか!」というほうが長年の読者としては驚きで、マルゴという人物をとてもハラハラしながら見てきたのですが、<運命の恋>に目覚めてからの彼女は一途な萩尾キャラらしくなり、しかし歴史の流れはその一途さを許さず、昔からのテーマである<母と娘>についてが際立って浮かび上がってくる仕掛け。

でもそのために“歴史”を背景としてただ借りてきたわけではなく、歴史の流れそのものもきっちりと過不足なく描き出す。 このバランス感覚、さすがです。
ちょうど『サラディナーサ』(これはスペインがメイン)で描かれていたほぼ同じ時代、フランスではどうだったのかがこれを読んでわかる!、というあたしのような世界史音痴にも大変ありがたい作品です。 カトリックとプロテスタントとの対立がだんだん明白になっていくところも非常に今日的というか。

マルゴをめぐる3人のアンリのうち、あたしはナヴァルのアンリが結構好きなんだけど・・・悲劇の予感で幕を閉じてしまった。
あぁ、早く続きを!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史が苦手な人も

2016/03/15 21:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たこやき - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんと言っても圧倒的な画力。表紙の装丁の美しさには新巻が出るたびため息が出ます。ヒロインは歴史好きにとっては有名な「王妃マルゴ」ですが、デュマの「王妃マルゴ」やそれを下敷きにした映画よりぐんとわかりやすく、読みやすいです。ヒロインの恋に焦点を絞って描いているからでしょうか。掲載誌が「YOU」ですしね。しかもストーリーはこれから史上に名高いかの「聖バルテルミーの虐殺」に差し掛かり、作者がこの大事件をどう描くのか、期待で胸がドキドキします。食わず嫌いの方にもお勧めしたい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

漫勉のシーンも収録

2016/05/02 21:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

脇キャラもみんな濃すぎて覚えにくいのが難点。アランソン公はエリザベス一世の年知らないのかな。カトリックとプロテスタントの戦いは続く…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まだ待たないといけないのね。

2016/01/24 17:33

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:れいま - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ちに待った4巻!ただ、電子版にはまた3〜4か月待ちでしょうか。紙本を買う人と、電子版を買う人との相関関係はそんなにないと思うので、同時発売して欲しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

マルゴ

2018/11/04 08:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の望まない結婚を母親にどんどん進められていくマルゴ。時代的なことだとわかっていても、かわいそうになってしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/05/11 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/01 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。