サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼント ~9/30

hontoレビュー

幼い子は微笑む(講談社の創作絵本)

幼い子は微笑む みんなのレビュー

  • 長田弘 (著), いせひでこ (著)
  • 税込価格:1,62015pt
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2016/02/16
  • 発送可能日:1~3日

絵本

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本

詩と絵がとてもいい形で融合している作品

2016/12/03 11:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、長田弘の詩が素晴らしい。ひとことひとことが胸に沁み入ってくる、やさしさと悲しさにあふれた詩だ。やさしさと悲しさ、というと矛盾しているようだが、そんなことはない。やさしさは、「幼い子の微笑み」の描写から伝わってくる。だが、それとは対極にある大人の悲しさも切々と感じられた。最も心うたれたのは、次の一句。
「人は、言葉を覚えて、幸福を失う。そして覚えたことばと おなじだけの悲しみを知る者になる。」
目を見開かされる思いがした。こんな真実をさらりと詩に織り込んでくるとはすごい。
この印象的な詩に、ぴったりと合う絵を添えているのがいせひでこ。彼女らしい、柔らかな筆づかいで、赤ちゃんやその周りの世界を描く。ぱっと目を引きつけられる作品になっているのは、いせひでこによるところも大きいだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

微笑みとから感じた、成長の歓びと哀しみ。

2016/11/30 17:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

長田弘さんの詩といせひでこさんの絵の絵本、前作「最初の質問」がとても心に残ったのでこちらも見つけてすぐに手に取りました。

良い詩は、このように言葉が示す世界を捕らえやすく開いてくれる絵があるとさらに良く味わうことができる。本書でもそれを強く感じました。一つの詩は、一つの世界。この絵本のように一つ一つを味わえる形があることはとても嬉しい。

子どもの成長の歓びのむこうに、「覚えることで失うこともある」という悲しさもあること。
確かに「覚える」ということはその部分を切り取って自分のものにしているともいえるでしょう。切り取ることとは他を捨てること。「なにか愛することは、それを選び他を捨てること」。そんなことを言った言葉もあったように思います。

文字だけで読むよりも、ずっと深く考えさせられた気がしました。

いろいろな良い詩を、一つ一つこうしてもっと味わえる絵本が増えてほしいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私はいつ微笑んだのだろうか

2016/07/24 09:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2015年5月に亡くなった詩人長田弘さんの詩と『ルリユールおじさん』等で人気の高い絵本作家いせひでこさんの絵が合体した贅沢な絵本。
 子どもが読むというよりも、子どもの頃を忘れた大人が読むのにふさわしい。
 なんといっても、長田さんの詩がいい。
 全文を紹介したいくらいだが、そういう訳にもいかないので、抜粋で紹介しつつ書いていこうと思う。

 最初はこうだ。
 「声をあげて、泣くことを覚えた。」
 誕生である。この詩の断片につけられたいせさんの絵の赤ん坊にはまだへその緒がついている。
 「泣きつづけて、黙ることを覚えた。」
 赤ん坊は泣いて生まれ、そこからどんどん生きるための技術を覚えていくと、長田さんは美しい日本語で綴っていく。
 そういう学びがしばらく続いて、幼い子は微笑を覚えるようになる。
 長田さんは微笑のことを「この世で人が最初に覚える/ことばではないことば」と書いている。そして、それが「ほんとうに幸福でいられる」のはこの時だけではないかと問いかける。

 それから幼な子はどんどん成長していく。
 しかし、「何かを覚えることは、何かを得るということだろうか」と問いかけ、それは「違う。」と書く。
 そのことに気づくのは幼な子がたぶんずっと成長してからのことだ。自分が赤ん坊だった頃のことを忘れてしまった頃。
 「人は、ことばを覚えて、幸福を失う。/そして、覚えてことばと/おなじだけの悲しみを知る者となる。」
 知ることで悲しみが増えていくのに、どうして人はもっと知ろうとするのだろう。

 長田さんの詩の最後の一節は厳しい批評の目を感じさせるが、それはこの絵本を読んでもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長田弘さんといせひでこさんの最後の二重奏

2016/04/02 19:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:海(カイ) - この投稿者のレビュー一覧を見る

長田弘さんの詩といせひでこさんの絵が、よく合っている。 長田弘さんが亡くなったため、この二人の最後の作品とは、ちょっと寂しい気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大きくなってから読んで欲しい。

2016/05/12 21:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

一部を除いて、振り仮名もなく、
普通に漢字や「原初」、「質す(ただす)」などの、
難しい言葉が使われています。
小さい子には分からない、
ある程度大きくなってから、
幼き日々を振り返りながら読んで欲しい絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

微笑み

2016/06/25 06:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供には少し難しいかなと、子供に読む前は思っていましたが子供にも理解できるような言葉でしっかりわかっているようでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/14 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/01 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/04 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/17 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/10 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/10 02:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/05 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

13 件中 1 件~ 13 件を表示