サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

今日も猫背で考え中(講談社+α文庫)

今日も猫背で考え中 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

笑いと知的好奇心の面白さの2つをもらえる本。

2016/02/02 23:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝に道を聞かば夕に死すとも。かなり。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2011年の『しごとのはなし』が文庫化したものです。この本って、たけしさんと一緒で、笑いも欲しいけど、ためになる話も欲しいっていう人に向いています。わざわざ本を読むっていう手順を踏む人は、後者が多いんじゃないかしら?

とりとめなく書いているようで、自分の基準を「こうだ」とハッキリ言ってくれる人は、うらやましい。

長年同じことをすると、自分たちが先に飽きてしまう。ある程度のパターン化は避けられない。もっと笑わせたい、もっとわかってほしいというのは、そうしたストレスがあるからこそってのは、なるほどなぁって思いました。ほどほどの満足とほどほどの不満足が仕事を続ける原動力になるのかもしれません。

震災では、「被災地の人に比べたら」と自分の感情を押し殺してしまう。自分に何ができるのか?と問うと、自分は何もできないと思い知ることも必要だけど、過度に自分を責めないでほしい。「募金は、愛ではなく善行で、なけなしのお金を募金するのは、恐怖がベースになった強迫観念」ってのは、自粛ムード漂う中の自分の心象を思い出しました。

毀誉褒貶の激しい方ですが、TVの「太田総理」は感情にズドンとくるからこそ、賛否両論になったけど、書籍にすることで、ワンクッション置いた距離を保てます。TVはこちらに受動的な一方性がありますが、書籍は一旦閉じることができます。

みずみずしいタッチなので、年月が経っていますが、風化を感じさせません。ここまで読んでちょっと読んでみようかな?って方はぜひ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人柄

2017/09/01 18:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うんくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の人柄が垣間見えた素敵なエッセイ集でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たけしに憧れ、たけしにはなれないことを自覚する太田のつぶやき

2016/04/09 21:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的に爆笑問題は、デビュー時から知っていた。一言で言えば”毒のある笑い”。
個人的には好きな笑い(笑)。だが、彼らはすぐには売れず、自分のお笑いに対する
感性を疑った。だが、現在は堂々たるポジションを築いている。

太田は著書の中でも書いているがビートたけしに対する憧れを感じる。ただ、たけしに
近くてもたけしには届かないだろうなと思う。本書を読んでいてその思いを強くした。

太田自身たけしを越えることは出来ないと認めている。ただ、たけしはツービートを
辞めたが、太田はコンビを解散しないのは、立川談志からのアドバイスとも書いているが、
たけしに無い要素を太田は持ち続けたいからではないかと思った。

本書には太田が今までどんなことを考えてきたか、今どんなことを考えているかを進行形で
書かれている。

意外と私と同じような考えを持ち合わせている面も有るのだなと、自分が少し心配になった(笑)。

それ程偏った内容ではなく、サラリと読める一冊である。一つ苦言を呈すれば、淀川長治さんを
「チョウジさん」とルビがふってあったのは頂けない。
と太田風に毒づいておく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待通り

2016/03/31 14:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆっぺ - この投稿者のレビュー一覧を見る

爆問太田さんが書かれたということで、他の本の間に息抜きするための脱力もののつもりで購入しました。案の定、ゆるゆるではなくて、芯はあるんだけど、やっぱり息抜きとして最適でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/11/29 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。