サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

信長燃ゆ 下

信長燃ゆ 下 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

天正十年,信長と朝廷の闘い

2001/06/25 00:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:格  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 天正十年の半年を描く。前半は信長の生涯初めての大旅行という武田征伐の遠征。何度読んでも武田の最後はみじめなものである。勧修寺晴子という実質東宮夫人(皇太子の夫人)がこの旅に同行し、信長と関係を持っていたとは、かなり荒唐無稽な話のように思われるが、なんらかの根拠があるのだろうか。この晴子の存在が本来のストーリーに影響を与えないのは哀しい。この時代の女性として、せいいっぱいの闘いであったのであろう。

 結果は分かっているとはいえ、やはり、読ませる。しかし、近衛前久の闘い。こんなにも簡単に行くのか。信長が前久を頼っていたことにもよるのであろう。それにしても、本能寺の変の謎については、いろいろな見方があるもの。これも有力な説の一つとはいえるかもしれない。秀吉もまた見事。

 光秀の心の動きは、書かれてはいる物の、これでは十分とは言えない。直前には、秀吉とのバランスの関係上、信長からかなり気を使われていたという記述もある。『あと10年信長にこの国を任せたら、この国は確実に変わる』とさえ、信じていた光秀である。令旨を受け取ってしまったから、ということなのだろうが、唐突の感は否めない。むしろ、部下の斎藤利三の『時代の歯車を歯車を元に戻すというのでは、天下布武を夢見て戦ってきた将兵が納得いたしませぬ』という言葉が泣かせる。

 囲碁の三劫を勝負無しとすることが信長最後の夜の本能寺で、信長の命によるものだったとは。たしか、三劫がこの時におきたことは以前にも読んではいたが。

 天皇制について、考えさせられる。歴史を調べてみたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/20 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/17 20:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/25 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/30 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/20 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。