サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

TPPに隠された本当の恐怖 ついに明らかになった危険すぎるシナリオ

TPPに隠された本当の恐怖 ついに明らかになった危険すぎるシナリオ みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

恐ろしい! インテリジェンス・テロ

2016/01/28 18:08

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M マサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

TPPの問題点を取り上げている著書だが、非常に恐ろしい内容になっている、日本文化の破滅が有るようにも見える、最初に破滅の問題には、公共事業が外国企業が参入する。高額(最低3億円)訴訟に発展するケースが極めて高い、その裏側には、ISDS条項がある。

企業間や、国との紛争は、ICSID(投資紛争解決国際センター)に訴える事になるが、この組織を仕切るのは、米国ワシントンDCにある、世界銀行傘下で、巨大な多国籍企業だけが儲かるように出来ている。

多国籍企業の1つに、アイルランドの製薬会社アラガン(時価総額15兆円)をファイザー製薬(時価総額25兆円)が買収しているが、アラガンがファイザーを吸収合併し、社名を変え、ファイザーを名乗る、これによってファイザーは、アメリカ企業から、アイルランド企業に(インバージョン合併)なる、その裏には、アメリカ内国歳入庁と未払い10兆円の税金でもめていた、この様な企業が何十社も集まった多国籍企業がある。

その多国籍企業に、日本のメディアが乗っ取られていて、テレビ局の有価証券報告書を見ると、(テレビ局外資規制は、放送法で20%迄)外資比率は、フジテレビ29,8%、日本テレ21,9%と、違法状態、電通は筆頭株主は外資で19,6%であり、全て外国人資本家が放送内容に対して圧力をかけらる比率になっている。

農協が潰された要因の1つに、多国籍企業の1組織に農業企業にアチャー・ダニエルズ・ミッドランド、カーギル、デュポン、モンサント、ドール・フード・カンパニー、チキータ・ブランド、パーデュ・ファームズ、J,R,シンプルロット、この辺の企業は、告訴のプロでもある。

日本の農業文化を壊滅する、遺伝子組み換えは、安全な食べ物だと、種から種子専用農薬が、FSMA,食品安全強化法を盾に、日本の国内法は変えられてしまう、
また、国民健康保険の医療システムや、保険分野、金融システム等が、完全に狙われている。

防止するためには、
「TPPのISDS条項に原法人規制を入れる」
「TPPからISDS条項を抜く」
「TPPを批准しない」
これらを、薦めている。

この他にも、TPP協定条文もピックアップしている。

以上が、この著書の内容だが、非常に恐ろしいものを感じる、グローバル化の考えで、ローカル産業と、グローバル産業を別けて、ローカル産業が、成功してから、グローバル産業に参入する考えが有るが、グローバル産業を中心で動けば、ローカル産業は、破滅し、また、緻密な地域型の新しい産業は生まれなくなるような気がする。

以前から、堤未果氏は、これ等の内容を著書(彼女の著書にはもう少し詳しく記載されている)やメディアで、ひたすら、発言されていた、気になるが、彼女は最近、メディアには、出ていない気がする、また、甘利大臣の金銭トラブルも、何故? この時期なのか気になる、(所詮政治家はそのレベルだと思っているが)、TPPの内容を理解している人物が居なくなるのは、気になる。

これは、日本人は殆ど気が付いていないが、完全にインテリジェンス・テロだと思う。著者がこの著書を出した意味は大きいが、世論に届いていないのが、残念だ、是非、堤未果氏の著書とこの著書を薦めたい、そして、国民一人、一人がTPPについて、考えて貰いたい。しかし、著者が提案した3つの防止策は、残念ながら、世の中には、届いていないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/28 06:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/24 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。