サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

焼野まで

焼野まで みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.5

評価内訳

10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

死に満ちている

2016/03/15 16:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

3.11から数日後「私」は子宮体癌を告知され、手術と抗がん剤を拒否し、変わりに放射線治療で有名なある本州南端のクリニックに治療の為、単身移る。日々治療を受ける中、放射線宿酔からくる体のダメージと、夢に訪れる懐かしい死者との逢瀬。同じ治療を受ける癌患者同士の交流と死。3.11の原発爆発と、放射線治療。日常当たり前に爆発し降り積もる火山灰と、教会の鐘の音。「私」には、いつも鳴り響く近くにある教会の鐘が、世界の火事を告げる半鐘のようだと語る。読んでいて、生と死のモチーフに満ちみちていて、圧倒的に絶望的で救いがない。予定していた放射線治療を終了した所で物語は終わるが、生きながら半分死者の世界を生きているような感覚とはこのようなものかと思う。最初表紙も何ら気にとめなかったが、読み進める内に、嫌に目を引き厭忌を覚えていたが、表紙の絵が「黙示録註解」写本部分の「第五の喇叭の天使」と最後に知って、合点がいった。読む者の波長を選ぶ本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/17 11:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/30 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/01 08:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/17 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/14 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/19 09:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/17 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/25 06:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/24 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

10 件中 1 件~ 10 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。