サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

hontoレビュー

インフェルノ 上(角川文庫)

インフェルノ 上 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー47件

みんなの評価4.0

評価内訳

高い評価の役に立ったレビュー

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/04/26 10:43

久々のダン・ブラン!

投稿者:笑う門ふう - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱり面白い!!
え~え~それで次は…次は…とどんどん読み進めます。
上巻のみ買っていたので、即効中・下巻を買いに行きました。
このアクティブ感やぱりすごいです。
それと訳がとても良いのだと思います。
おすすめ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/04/20 20:16

時間の無駄

投稿者:幻のカズー - この投稿者のレビュー一覧を見る

お金と時間を無駄にしました。この作者が好きで買いましたが、もう買わない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

47 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

久々のダン・ブラン!

2016/04/26 10:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:笑う門ふう - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱり面白い!!
え~え~それで次は…次は…とどんどん読み進めます。
上巻のみ買っていたので、即効中・下巻を買いに行きました。
このアクティブ感やぱりすごいです。
それと訳がとても良いのだと思います。
おすすめ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

再読

2019/04/08 16:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近テレビで映画を見て、読み返しました。
今回も、かなり不快な目覚めを迎えたラングドン教授。
ジェットコースタ並みに話が進みます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待にたがわぬ

2016/11/26 16:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hirotoshi - この投稿者のレビュー一覧を見る

ダ・ヴィンチ・コード以来シリーズを読んでいますが、出だしからフィレンチェの病院で何が起こっているのか興味をグイグイ惹かれます。今後への期待感が増していきますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文庫化を待っていました

2016/03/03 00:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ならっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズは、過去3作全部読んでいて、
ずっと文庫化を待っていました!
文庫は上・中・下の3冊となりますが、
以前の作品同様、ストーリー展開がおもしろく、一気に読み進めていきました。
映画も楽しみにしています!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画とは違うインフェルノ

2017/01/24 20:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あきちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ダン・ブラウンの魅力満載。
イタリアの景色や美術品をじっくり楽しみたいと思いつつ、話はどんどん進む。
映画とはだいぶ違う部分もあるので、見たからいいやと思わず、是非本も読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

インフェルノ

2016/04/20 22:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:稲荷のこま犬 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画にもなった同じみにのダン・ブランの文庫本です。毎回主人公のロバート・ラングドンが事件に巻き込まれながらも暗号を巧みに解いていきます。今回は記憶を無くしたロバート・ラングドンが「ダンテの新曲」の謎を豊富な知識のもと解いていきます。途中誰が味方で誰が敵か?わからなくなり、ハラハラドキドキがいっぱいの作品です。上・中・下巻の3冊ありますが、あっという間に夢中で読み進んでいきますので、3冊まとめて買うことをおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

インフェルノ 上 ダン・ブラウン

2017/10/08 19:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

ダンテ<地獄編>に秘められた暗号の解読である。登場する芸術作品、
文学、歴史等々現実のものでフィレンツェから始まるストーリーはヴェツキオ宮殿
で展開されスペクタクルな内容は読んでいて深みにはまり込んでいく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダン・ブラウン氏が贈る新たなストーリーです!

2016/10/23 09:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、『ダ・ビンチコード』で一世を風靡したダン・ブラウン氏の新たな作品です。3巻からなっていますが、第1巻の本書は、主人公ラングドン教授が目覚めたところはフィレンツェの病院でした。自分がなぜ、病院で治療を受けているのか全く記憶がありません。後頭部には痛みが残っていますが、医師や看護婦の助けで、何とか病院を脱出します。そこへ、奇妙な追手が彼を探して追ってきます。一体どうなるのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダン・ブラウン

2016/06/26 20:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kaya - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画公開まで楽しみにしているつもりでしたが、待てずに購入してしまいました。
私の中で、彼の本を読むのは3作目。毎回期待以上にドキドキさせてもらい、続きが待ちきれません。

映画はこれを越えることが出来るのか気掛かりですが、トム・ハンクスなので問題ないでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

物語の始まり

2016/06/20 11:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:卯月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回の作品は、今までとは異なった幕開け。
最初は何が起きているのか、さっぱり分からなかったが読み進めていくうちに状況把握が出来る。
上巻はとにかく逃げ回ってばかりで、読んでいても疲れてしまった。
中巻はどう展開するのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かったのですが・・

2016/04/03 14:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わかひとし - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラングドン教授が帰ってきてくれました。とはいえ、単行本はかさばるので文庫化+映画化を機に購入です。
今回の冒険も面白かったのですが、やはりラングドン先生、ダヴィンチコードの時のような冴えが見られません。まあ、話の最初のほうでいきなりピンチが訪れたり、敵なのか味方なのかハラハラする場面もあり、と、エンターテインメントとしては十分に楽しめました。
ただやっぱり、ラングドン先生がダヴィンチコードを超える冒険をするのを期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

実に映画向きの作品でした(実際、2016年にトム・ハンクス主演で映画化される)。

2016/11/09 00:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

実に映画向きの作品でした(実際、2016年にトム・ハンクス主演で映画化される)。フィレンツェの観光案内、ダンテの「神曲」を軸とした美術・文学巡りといった前半の展開は、映画にしたら壮観であろう。しかし、キリスト教的世界観が強く関わってくる、この手の記述は私には不得意分野であり、結局前半分はかなり読むのに苦労を強いられた。問題は、生化学者;ベルトラン・ゾブリストによる人類滅亡の危機を孕むウイルステロ(生物テロ)にあることはほぼ序盤で明らかなのだが、その問題に直接行き着く前にキリスト教的世界観という迷路が厚く立ちふさがって全く楽しめないといった感じでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時間の無駄

2016/04/20 20:16

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:幻のカズー - この投稿者のレビュー一覧を見る

お金と時間を無駄にしました。この作者が好きで買いましたが、もう買わない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/01/02 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/27 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

47 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。