サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

インフェルノ 中(角川文庫)

インフェルノ 中 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.0

評価内訳

28 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

イタリアに行きたい

2019/04/08 16:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

原作を読んだのに、映画を見たのは、やっぱり随所に出てくる美術品や名所が目当て。
想像の世界でストーリーは楽しめますが、やっぱり一度は実物を見たくなりますよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

徐々にエキサイテイング感上昇

2016/11/26 16:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hirotoshi - この投稿者のレビュー一覧を見る

フィレンチェからヴェネチアへ、自分も旅行したところなので、更に楽しさが倍加します。天井裏のシーンは本当にスリリングで、ぐいぐい引き込まれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダン・ブラウン氏が贈る新たなストーリーの第2巻目です!

2016/10/23 10:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、『ダ・ビンチコード』で一世を風靡したダン・ブラウン氏の新たな作品です。全3巻からなっていますが、この第2巻目は、ラングドン教授が、ダンテのデスマスクを盗もうとする不審人物が監視カメラに写っていることを発見します。他方、デスマスクの所有者であるゾブリストは、壮大な野望の持ち主で、「人類は絶滅の危機に瀕している」と主張しています。さて、一体、ストーリーはどのように展開していくのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誰が味方で誰が敵?

2016/06/22 12:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:卯月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

負傷しているにもかかわらず、走ってばかりのラングドン教授。
登場人物は味方なのか敵なのか…
各所の蘊蓄が盛り沢山なので、イタリア観光に行ってみたい気分になる。
展開が早く、飽きないので一気に読める…一気に読まないと話の内容が分からなくなる可能性有。
下巻ではどんな結末が待ち受けているのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

インフェルノ 下 ダン・ブラウン

2017/10/08 19:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラングドンの巨大な野望、人口爆発による崩壊への危機は眠らせてくれない。
越前敏弥の素晴らしい翻訳により翻訳とは感じられない文章力は作者の言いたい
事を的確に伝えてくれる本です。最後まで読んでその醍醐味を理解出来る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

実に映画向きの作品でした(実際、2016年にトム・ハンクス主演で映画化される)。

2016/11/09 00:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

実に映画向きの作品でした(実際、2016年にトム・ハンクス主演で映画化される)。フィレンツェの観光案内、ダンテの「神曲」を軸とした美術・文学巡りといった前半の展開は、映画にしたら壮観であろう。しかし、キリスト教的世界観が強く関わってくる、この手の記述は私には不得意分野であり、結局前半分はかなり読むのに苦労を強いられた。問題は、生化学者;ベルトラン・ゾブリストによる人類滅亡の危機を孕むウイルステロ(生物テロ)にあることはほぼ序盤で明らかなのだが、その問題に直接行き着く前にキリスト教的世界観という迷路が厚く立ちふさがって全く楽しめないといった感じでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/01/02 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/13 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/27 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/18 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/21 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/10 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/15 11:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/29 08:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/21 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

28 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。