サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

サバルタンは語ることができるか

サバルタンは語ることができるか みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.8

評価内訳

12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本

現代日本のサバルタンとは誰か

2002/10/11 23:21

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヲナキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

サバルタン(subaltern)とは<従属集団>を意味し、元来はイタリアのマルクス主義者アントニオ・グラムシが使用していた概念である。スピヴァク女史を含むサバルタン研究グループは、旧来のインドの歴史やナショナリズムがエリート側から語られるばかりで、被抑圧者側の視点がまったく除外されてしまっている状況を批判し、自ら語ることのできない疎外されたものたちを代弁する新しい歴史記述の必要性を訴えた。この本を読むと、表象の世界でただ言葉遊びをしているような、どこかもどかしい現代思想界にあって、現実にコミットした彼女の力強く踏み込んだ言説に、胸のつかえが下りた気分にさせられる。インド史に限らず、人文社会科学を論考する上でいろいろと応用が利きそうなキーワードじゃないかと思うので、この機会に一読されてはいかがだろうか。

著者は本文中で「もしあなたが貧乏で、黒人で、そして女性であれば、あなたはサバルタンであるとの規定を三様のしかたで手に入れることになる」と述べている。以下、極私的曲解を展開させてもらう。このくだりを換骨奪胎して、いまボクが感じている現代社会の状況のなかでサバルタンを語るとするならば、「もしあなたが貧乏で、ブサイクで、気が弱くて、そして男性であれば、あなたは…」となる。異性関係を例にとるとわかりやすい。容姿がまずくても、ステータスを備えたリッチか、あるいは押しが強いタフな男であれば、女性からは認められる。上記と同じ条件なら女性のほうが損だという向きもおられるかもしれないので、今度は生活面での不遇を考えてみよう。親にパラサイトしていて世間から冷笑されるのは男だけである。最近では割のいい事務職を希望したとしても就職口など皆無に等しい。常に徒労感ばかりが募る肉体労働のバイトを強いられる。なまじ豊かな国で暮らしているだけに、男性フリーターの惨めさは計り知れない。しかも異性にも恵まれないとなればなおさらである。

さらにはグローバルな視点で日本の男どもの位置付けを考えてみよう。まず全人類のヒエラルキーの最上層に白人女性が君臨する。その下に白人男性がいて、非白人女性、非白人男性、と続く。その次にくるのが英語の喋られるアジア人女性。喋られるアジア人男性と喋られないけれど容姿の良いアジア人女性が同列で、さらに下には、喋られないけどハンサムなアジア人男性、喋られないし見栄えも悪いアジア人女性がいる。そしてようやく登場するのが最下層でもがいているサバルタン日本人である。…むむっ、これって沼正三先生がその偉大なる小説『家畜人ヤプー』で予言された内容とほぼ一緒じゃないですか。

改めて「日本のサバルタンは語ることができるか」と問うてみる。いまのところそういった言論にお目にかかったことはない。ただ一人、斎藤環氏だけがヘタれな男どもを温かい目で擁護してくれているように思う。しかし、崎山政毅氏が『サバルタンと歴史』の中で書かれていた指摘を都合よく利用させてもらえれば、彼らの言動がインテリ側の知的搾取の対象となりうる危険性を孕んでいることもまた否めないのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/10 11:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/28 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/02 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/03 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/20 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/22 03:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/05 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/03 18:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/10 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/14 01:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/30 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

12 件中 1 件~ 12 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。