サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

父・夏目漱石(文春文庫)

父・夏目漱石 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

文藝春秋社長から認められた文才。

2018/11/11 21:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

> いくら文才があったって、使わなくちゃ何にもならん。
> 使わなければ文才なんて無いも同じだ。君もせっかく、
> 親ゆずりの文才があるのだから、これを機会にどんどん
> 書くことだね

夏目漱石を父に持つ夏目伸六さんは、始終重い運命を
背負っていたのでしょう。文藝春秋社員を経て随筆家に
なったのですが、正直に言ってわたしはまったく知りませんでした。

著作も漱石にまつわるものばかりで、
呪縛から逃れられなかったのでしょうね。
孫の夏目房之介さんは馴染みがありますので、隔世遺伝と
思っていました。

ところがこの本、結構面白いのですよ。
文体が多少古びれているし、漱石の候調の手紙引用が
多いので読みにくさはあるのですが、内容に迫力があるのですね。
家族にしか書けない重さがにじみ出ています。

文豪という言葉と、多くの弟子を持ったこと、
先生と奉られていたことから、漱石は人格者と
勝手に思い描いていたのですが、全然違うみたいなのですね。
神経質、癇癪持ち、気難しくてしょっちゅうぴりぴりしていて、
子どもたちから恐れられていた存在です。

みなさんひょっとしたら、漱石の妻は悪妻だから、
文学に打ち込むしかなくて名作が生まれたなんて説を
聞いたことはありませんか。
実際はまるで逆、漱石は思うようにいかない心持ちを
罵詈雑言にして日記に書きつけ、弟子たちは
漱石のご機嫌をとるので精一杯、結局奥様が
漱石の面倒くさい部分を引き受けていたようです。

奥様は傑出した大人物だったとも言えるでしょう。
だからこそ漱石が、作品を書き続けられたといっても
何ら不思議ではありません。
自らの心の不安定さのため、生命を絶った作家さんは
何人もいますので、もしこの奥様でなければ漱石も
どうなっていたのか分かりません。

博士嫌い、教師職嫌いで、名誉や欲を避け、
家族の安定のため朝日新聞専属の小説家として
給料生活を続けた漱石は、相当な変わり者です。
英語も嫌いで、イギリス留学での失敗が大きな
経験になった話など、教科書では習わない真実の姿が
どんどん浮かび上がりました。

それにしても、普通に人のいい文豪はいないものですかね。
近代文学者は、変人ばかりの気がするのですが。
現代作家はいい人もいっぱいいるので、不思議です。
つい、そんなことを思ってしまいました。
漱石は、まったく想像していなかった、驚きの人物像でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/07/29 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/29 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/19 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。