サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

近代日本人の 発想の諸形式 他四篇

近代日本人の 発想の諸形式 他四篇 みんなのレビュー

  • 伊藤整
  • 税込価格:5505pt
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2016/03/16
  • 発送可能日:1~3日

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

マルチな才の文学者の実力

2011/02/05 10:11

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:analog純 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 えーっと、この本は文芸評論ですかね。それとも日本文化論ですかね。
 文学作品や文学者を取り上げながら、タイトルのようなテーマを述べていらっしゃいます。
 しかしテーマもさることながら、私としては、例として取り上げられた文学作品や文学者の話がとっても面白かったです。

 さてこの本には、五つの評論文が収録されています。これです。

 『近代日本人の発想の諸形式』(昭和二十八年)
 『近代日本の作家の生活』(昭和二十八年)
 『近代日本の作家の創作方法』(昭和二十九年)
 『昭和文学の死滅したものと生きているもの』(昭和二十八年)
 『近代日本における「愛」の虚偽』(昭和三十三年)

 このうち、総題にもなっている一つ目の評論が最も長く、全体の分量のほぼ半分の長さを締めています。
 というより、実はこの一つ目の評論を、各パートに分けて小出しにしたのが残りの四つの文章という感じの構造になっています。そして私としては、「バラ売り」されたうちの、特に文学に関連した部分が、とても興味深かったです。

 例えば二つ目の評論ですが、ここには江戸末期から明治維新を経て、大体白樺派あたりに至るまでの作家たちの「生活」についてが書かれてあります。
 その時期ごとに様々な集団が主張する「文学的信条」とか「文体」に至るまでのこと、つまり普通「文学的な思弁」と思われているものが、実は極めて「形而下」的な事情や都合によって形成され主張されていったということが、手品の種明かしのように書いてあってとっても面白かったです。

 「形而下」的事情の一番手といえば、想像がつきますように、やはり「金銭」のことですね。経済問題は火急の用件であります。
 例えば江戸時代は、作家が原稿料だけで生活できるということはほとんど考えられなかったそうです。こんなふうに本文には書いてあります。

 「山東京伝は、銀座一丁目の東側で店を開いて売薬を営んだ。読書丸、小児無病丸などが彼の売った薬である。また彼は煙管や煙草入れなどを売った。銀座と言うと、その当時は場末であって、木賃宿や大衆食堂などの並んでいるような町であった。」

 江戸時代、作家の副業といえば伝統的に売薬業が有名であったそうですが、それ以外にも作家が実に様々なアルバイトをしていたかが書かれてあります。
 そしてそのような文人達の生活にも、明治維新は大きな変化をもたらしていきます。
 その変化こそが、実は各流派の文学的立場や主張を形作っていったのだと、以下書いてあるんですが、とっても面白そうでしょ? はい、とっても面白いんです。

 でもみんなを紹介できませんので、キーワードだけ書いておきますね。
 キーワードを結ぶ内容を想像してみてください。

  西洋文明紹介--新聞の誕生--鹿鳴館風俗の反動--
  文壇の形成(文壇徒弟制度の残存)--出版資本の成立--
  新進作家の登場--国家経済の発展--出版商業主義の隆盛--
  さらなる新人作家の発掘

 とまー、ここまでが、大体芥川などの「新思潮派」や武者小路・志賀などの「白樺派」の出現くらいまでの「形而下」的事情ですかね。
 何となく、このキーワードだけで、流れが分かりそうな気もしますね。
 ただ、この「形而下」的事情によって「言文一致運動」の担い手までが決定されていったと説く伊藤整の論理展開は、なかなかアクロバティックに面白いです。

 さて伊藤整といえば、そもそも詩人としてデビューした後、翻訳をしたり小説を発表し、ベストセラーも書きつつ、かつ裁判被告にまでなって、そしてさらに名著『小説の方法』では、日本文壇を「逃亡奴隷」と「仮面紳士」というふたつのキーワードを用いて、見事に解体説明しきった、極めてマルチな才を示した文学者であります。

 かつて私も、その名著を読んで大いに啓蒙されたのでありますが、今回取り上げた評論からも、そのカミソリの如き切れ味のよい分析と、一種対象を放り投げたようなクールで明晰な文体は十分に味わうことができ、私としては改めて、この亡くなって既に久しい文学者に、「フェイヴァレット」の信仰告白をするのでありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文学作家の実態と時代背景を知る!

2019/07/20 22:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岩波文庫愛好家 - この投稿者のレビュー一覧を見る

明治、大正、昭和初期といった時代にいた文豪を中心に、作家というものがどういったスタイルで生活をしていたかについて、生々しく著述しています。夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介、志賀直哉、田山花袋、島崎藤村などが挙げられています。当時は教師や新聞社等に職を置きながら文筆活動をするなど、作家一本では食べていけないという時代背景を知る事が出来ました。
 また最後の篇である『近代日本における「愛」の虚偽』は結構納得させられました。確かに日本人に「愛」という表現は馴染みが薄いと思います。キリスト教の西洋の思想です。
 解説でも記されていましたが、伊藤整はどちらかというとマイナーなイメージで、私は名前位しか知らなかったですが、興味深い批評をしているなぁと感じました。長編小説『氾濫』を読んでみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

近代文学の根底理論と現在文学の源流

2018/07/09 07:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:病身の孤独な読者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊藤氏による大正初期を含む近代日本人作家の分析結果から導き出された、「良い文学とは何か」を問う書籍である。結論はとても単純明快であり、加藤氏の文学論と並ぶほど興味深く読めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/30 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/29 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。