サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

ガルブレイス アメリカ資本主義との格闘(岩波新書 新赤版)

ガルブレイス アメリカ資本主義との格闘 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

電子書籍

経済・社会を考えるのにお薦め

2017/02/05 22:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょひょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

20世紀アメリカの経済学者ガルブレイス(1908-2006)の生涯・思想を解説。
現代資本主義の分析をもとに、政府の適切な関与の必要性を主張した。
グローバル資本主義の限界が明らかになり、格差の問題がクローズアップされる今、経済学に止まらず、社会全般について考えさせられる一冊。
文章は平易で、経済学についての深い知識は不要。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

20世紀アメリカ経済学の良心?

2016/07/08 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平良 進 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は学校で経済学をまともにやったことがない。伊東光晴先生の本は幾冊か触れた程度だ。ガルブレイスも人に薦められて読もうと思っていてなかなか果たせなかった筆者の一人だった。
今回、この学者の生涯と仕事を見ることができて満足している。これまで新古典派経済学全盛の経済学オンリーのコトバたちに振り回されていた私はようやくある立脚点に立つことができたような気がする。優勝劣敗の米国社会にあって、平等という価値を今でも大切にしようという学者がいたのだということがわかっただけでも良かったと思う。
著者の伊東氏も変わらず平易な文章で大事なことを伝えてくれた。ひたすら御身体の回復を望むばかりなんである。多くの人に読まれていい本なのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伝記?

2016/12/28 21:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ガルブレイスといふ人物に興味があったので読みました。彼がどこに生まれ、どの様な経歴をたどったのか概要は分かりました。アメリカの経済史も照らし合わせているので面白かったです。ただしガルブレイスが浮かび上がってこなかったので少々不服です。ガルブレイスをもとにアメリカ経済史を詳らかにしたといったところでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

作者渾身の

2016/06/21 08:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:菜摘 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者にはすでにケインズの入門書がありシュンペーターの入門書があり私も相当以前に読ませていただいた覚えがあり、今すぐに手元に置き本書と比較参照はできないが、本書も非常に読みやすい著書であることに間違いはないと思う。
ガルブレイスの「不確実性の時代」「マネー」(TBSブリタニカ版)が日本語に翻訳され彼の名が日本で最も知られたであろうころ(そのころから「経済学」なるものが広く世間に受け入れられだしたころだろうか)、私も十代最後の頃で同書を手に取り読んでそれなりの理解はしたつもりでいたが、本書を「ガルブレイス」入門書として先に読み、再度、「不確実性の時代」等ガルブレイスの著書を読み返せばその思想背景などがわかり、理解がはるかに増すものと思われる。
また、本書はガルブレイスの簡易な自伝として、彼の生きた時代と彼の学問の進展について、あるいは、彼を取り巻く大学や学問環境について、彼我の国の大学のありようについてもその概略を知ることができた。
著者の別の本の批評で、「左翼経済学者」と切り捨てていた論評があったが、「左右」決めつけずに素手で読んでいただきたい好著と思い、多くの人に本書を薦めたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

軽薄としか言いようがない

2016/04/25 06:02

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愚禿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主流派とされる新古典派経済学は一元論で、社会、経済の現実は多様で、それを知るためにはマーシャルを知れ、と言っておきながら、20世紀の経済学=政策科学と、経済学を一元論かのように主張し、矛盾を感じるし、ガルブレイスが生涯、よき政治がよき社会につながる、と考えていた、という主張は、私は違うと思う。そうした考えは、70年代ぐらいまではあったかもしれないが、政治、政策でもって、社会を良くすることはできないと考えたがゆえに、ハーバードを離れたのだと私は思う。『ゆたかな社会』をよく読めば、大衆の知性の向上しか、社会を良くする方法がない、というの結論だと私は思う。
 本書は、非常に軽薄、著者の我田引水としか言いようがないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ガルブレイスの可能性

2017/05/12 15:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼぶ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ガルブレイスは、20世紀のアメリカの経済学者です。彼が学者生活を通じて対決したのは、「市場競争に任せれば問題は解決する」という理論を杓子定規に唱える経済学者達でした。
アメリカの軍産複合体や消費者主権など、当時の人々が信じて疑わなかった「通念」に異論を提出し、政治によって社会は良くなるという可能性を信じ続けた彼の考え方は、政治への無関心が取りざたされる今日特に有意義です。
彼の現実を見る眼、「ファクト・ファインディング」は現代にも活き続けるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/26 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/23 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/09 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/22 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/24 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/25 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

12 件中 1 件~ 12 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。