サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

エリートの転身(角川文庫)

エリートの転身 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

臨場感あるゴツゴツ感。スカッと感はほどほどに。だからこその企業戦士の余韻!?

2017/02/02 05:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hee - この投稿者のレビュー一覧を見る

先日、よくお世話になっている書店で見つけた高杉良作品。
帯に記載の以下の文言がやたらと目につき、思わず手に取ってしまいました。
「起業、転職、左遷、解雇― 40歳は人生の転機」
「会社より大切なものがある。 4人のサラリーマンの決断」

「エリート」とは程遠い私ですが、お年頃的にもなんとも気になる作品です。

高杉良氏の作品。初めて読ませていただきました。
この臨場感たるやさすが名だたる経済小説を書かれている方ですね。
作品の根底には、緻密かつ膨大な取材をされているのだろうなぁという感じがヒシヒシと伝わってきます。
あと、何かの岩のようなゴツゴツ感を感じてしまうこの文体は、氏の特徴なのでしょうか?

内容は、帯に記載のとおり、4人のエリートサラリーマンが、それぞれ起業、転職、左遷、解雇を経験される4つの短編です。
現在からすれば、時代設定は多少古めなのかな?
その時代だったからこその、サラリーマンたちの会社・仕事へのコミットメントや思い入れ、職場環境、人間関係、また、ガバナンスが効いてなくて、上下関係丸出しで、派閥闘争、エゴイズムが蔓延している組織構造なのでしょうか。
だからこそ、より一層濃厚なドラマが生まれるのでしょう。

4つの短編のうち、個人的には、「エリートの転身」「エリートの反乱」が好みです。
証券業を「虚業」と断じる著者の歯切れの良さもなかなかに刺激的ですが、エリートでありながら、また、エリートであるがゆえに企業や仕事に対する強い想いがあり、その想いによってそれぞれに人生を変えていく主人公たちの姿が、様々な思いを喚起します。

半沢直樹的なスカッと感はないものの、それだからこそ、奥に深く伝わってくるものがあります。

「実業」かぁ。
憧れるなぁ・・・(^.^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/06/11 18:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/27 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/19 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/18 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。