サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

hontoレビュー

ツバキ文具店

ツバキ文具店 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー387件

みんなの評価4.3

評価内訳

高い評価の役に立ったレビュー

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2017/02/08 01:55

代筆屋としてのこだわりが素敵

投稿者:Andy - この投稿者のレビュー一覧を見る

依頼された人を想って紙の種類から文字の形、インクの種類までを選定して代筆する様子に心を動かされました。
鎌倉にこんな代筆屋さんが本当にあったらいいなあと思ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2017/05/19 20:20

ほどほど

投稿者:てくちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

NHKでドラマ化していると言う事で、期待して購入しましたが、あまり感動する中身ではありませんでした。次回作を期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

387 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

代筆屋としてのこだわりが素敵

2017/02/08 01:55

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Andy - この投稿者のレビュー一覧を見る

依頼された人を想って紙の種類から文字の形、インクの種類までを選定して代筆する様子に心を動かされました。
鎌倉にこんな代筆屋さんが本当にあったらいいなあと思ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お茶を飲みながら ゆっくりと読みたい本

2017/04/29 06:47

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:卯月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この小説を読んでいると、日々を大切にしたくなる。
普段の生活や、出てくる小物等どれも試してみたくなる。
手紙の部分が手書きで表現されているのが新鮮に感じた。その筆跡から色々と想像出来るのも面白い。
何もかもが愛おしく感じる内容で、こんな暮らしができたらいいなと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文字に乗って届く想いは美しい

2017/11/27 12:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mincepie - この投稿者のレビュー一覧を見る

反発していた先代の代書屋を引継ぎ、周りの人達の色々な想いと共に鳩子が成長していくお話。
それぞれの依頼人から頼まれて書いた手紙(文字)を挿絵の感覚で見られることで、代書屋の細やかな仕事ぶりが伝わり、より想像が膨らみました。
鳩子が亡き先代に向けて書く手紙には心を打たれます。
登場人物も舞台の鎌倉も、とても親近感がわく設定で、近所の住人のような気分になり‘ツバキ文具店’をのぞいてみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いいですね

2017/07/17 06:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りな - この投稿者のレビュー一覧を見る

鎌倉を舞台にした主人公代筆屋の女の子をとりまく物語です。
いいですねえ、読むと鎌倉に住みたくなります。バーバラ婦人とのご近所付き合いも素敵です。鎌倉住みたい・手紙を書きたい・日々を丁寧に暮らしたい・・そう思わせてくれる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本屋大賞を逃すも素敵な小説

2017/05/26 10:24

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりぼう - この投稿者のレビュー一覧を見る

2017年の本屋大賞は恩田陸の『蜜蜂と遠雷』でした。打倒直木賞を謳い文句に2004年にスタートした本屋大賞も今年で14回目。同作品が直木賞とW受賞したため、知られていない本を発掘するという本来の意義が失われたと揶揄する声も聞こえています。直木賞へのアンチテーゼとしての役割に徹して欲しいと自分も思います。

密かに本年度の本屋大賞受賞を期待していたのが昨年4月に上梓された小川糸さんの『ツバキ文具店』でした。結果は惜しくも4位でした。『ツバキ文具店』はぶらっと本屋に立ち寄ったときに買い求めた小説です。選書の決め手はずばり装丁の美しさでした。昭和レトロ風のタイトル書体とペン書きの表紙イラストだけでも衝動買いに値すると思いました。さらに頁をパラパラめくると、薄墨で書かれた手紙や万年筆書きの原稿用紙が目に飛び込んできます。風変わりな構成に興味をそそられました。

手に取って読み始めると、鳩子さん(通称ポッポちゃん)という主人公の女性が先代の跡目を継いで店番をする傍ら、代書屋を営むという筋書きでした。舞台は鎌倉、目次の裏には素敵なイラストマップまで添えてあります。妻に先立たれたカフェの店主とその幼娘、隣家のバーバラ婦人、正体不明の男爵というあだ名の先代の茶飲み友達といった脇役たちが新米代書屋ポッポちゃんを優しく見守ります。

メールやLINEの普及で手紙を書く機会は減る一方です。お世話になった人に贈り物をするとき、一筆箋を添えるくらいが関の山です。そんなご時世に、ポッポちゃんのもとには次々と代書の依頼が舞い込みます。お悔やみの手紙、離婚を伝える手紙、借金お断りの手紙などなど、ポッポちゃんは、その都度、居住まいを正して沈思熟考、文机に向かいます。手にする筆記具や用箋も手紙の内容にふさわしいものを選んで、投函まで依頼人の気持ちに寄り添って工夫を重ねます。このあたりが文房具好きには堪らない描写です。誰にも何度か訪れる人生の転機にこんな手紙を認めることが出来たなら、送り手も届いた手紙を受け取った人も心が豊かになること請け合いです。

NHKがドラマ化(全8回)したので毎週楽しみに視聴させて貰っています。配役といい古都鎌倉の風情といい、ドラマの方も出色の出来栄えです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鎌倉を舞台に、そこでの文具店を営む鳩子の何気ない日常を描いた作品です!

2018/12/21 09:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、小川糸氏による心温まる物語です。鎌倉で小さな文具店を営みながら代筆で生計を立てている主人公、鳩子の日常生活を生き生きと描いたストーリーです。代筆業という今では一風変わった生業を通じて、様々な思いをもった人たちと交流したり、また鎌倉の近所の方々との何気ないおしゃべり、さらに祖母から習った習字のことなどが見事に織り交ぜられ、鳩子という人物を浮かび上がらせています。ぜひ、多くの方々に読んでいただきたい傑作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

手紙を書きたくなる

2017/10/20 20:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

ただ依頼された文章を書くものだと思っていた大間違いでした。筆記用具や紙、書き方など興味深かったです。思わず誰かに手紙を書きたくなる作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

温かい気持ちに

2017/06/19 15:29

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まおり - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んだ本が後に、ドラマや映画」になるのはあまり好まないがこの本はドラマを見た後
読みたくなった本だ。温かい風が流れている世界なのだ。若いころは手紙を私はあまり書かなかったが、義母がよく手紙を書く人で嫁いでからなにかにつけ礼状、季節の手紙と書くようになったためこの本とダブル気持ちがあり、何となく懐かしく、良い気持ちになる本だった。勉強になったし、鎌倉にまた行きたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

癒される一冊

2017/05/14 16:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いなみの - この投稿者のレビュー一覧を見る

癖のない素直な書き方で日常と非日常の間を往来する主人公の生きざまに共感できる場面もあり、最後厳しかった祖母の本心を綴った手紙に見えた心の行き違いが強い祖母と言ふ鎧の下の繊細な弱みをさらけ出した場面に人の弱みを見た気がしました。久々に読後感の素晴らしい一冊を手にした気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たい・たい・たい!

2016/10/22 09:46

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あかんべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

終始、まったりとゆったりとした気分で読んでいました。
で!たくさんのやりたい事、したい事ができました。

便箋や封筒を集めたい!
字が上手になりたい!
文具を見て回りたい!
鎌倉散策に行きたい!
物語に出てきたお店を回りたい!
文通がしたい!

さて、どれから始めるかな〜♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あたたかさが伝わる本

2016/07/18 18:48

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オラフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ツバキ文具店」はほっこりするような小説だ。
鎌倉で代書屋を営む鳩子の日常である。

私は手紙を書くほうだと思うが、最近は自分ですきなことを書くのは少なくなってきている。文字を書くのは、せいぜい仕事のメモ程度だ。
ここで文章を連ねても、丸っこい筆跡やでこぼこするような筆圧は伝わらない。文字はそのひとの体を表し、今そこにいるという存在感を示す。
ここで、主人公は代書屋という設定であるが、筆者も鳩子と同様、登場人物に投影して丁寧に言葉を紡いでいるのだと思った。

日記はハードルが高くて無理だけど、誰かにちょっとしたメッセージを書いたり、はがきを出したりしたくなる本だ。肉筆は文章だけでない、心意気や遊びゴコロ、あたたかさが伝わるから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白いけど、もう少し

2017/07/29 23:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栞ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

話そのものは面白いです。
ただ登場人物の関係性の描写がものたりないかな。
せっかく魅力的な人物を登場させているので、それぞれの人物をもっとうまく絡ませてもらえると面白かったのではないかと感じます。
物語の舞台となっている鎌倉に行ってみたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文字で伝える

2018/05/21 09:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

鎌倉の街並みにひっそりと佇んでいる、代書屋の風景が味わい深かったです。SNS全盛の時代に、手書きの文字の温かさが伝わってきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

表彰状

2016/05/24 21:30

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

依頼を受けて手紙などを認める代書屋。それも店主は若い女性。つまり珍しい職業と対照的な主人公。着眼は素晴らしい。まさしく筆の運びも良い。ただ中だるみを感じる。春から始めて「ツバキ文具店」の四季を描いていくのだが、秋あたりがダレ場。惜しい。手紙のノウハウをさりげなく書くテクニックも褒められていいが、これまた手紙を書く職にありながら今風の言葉が出てきたりする。手紙の部分を活字ではなく手書き風に表してるのは著者の希望か、編集者のアイデアか。いずれにしても、小説としてアリかどうか疑問。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文系のイタコ

2016/09/11 08:13

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんぽジスト - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の鳩子が、依頼者に共鳴し、依頼者の言葉が自分に降りてくる過程が興味深かった。単に他者の言葉を書き起こすのではなく、他者が使うであろう言葉を、本人よりも効果的に言語化する。代筆という職業の創造性と温かさが、新しい発見だった。文具や便箋の選択理由も深いものがあった。久しぶりに万年筆と便箋で手紙を書きたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

387 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。