サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー200件

みんなの評価4.1

評価内訳

192 件中 1 件~ 15 件を表示

2017/05/09 22:06

投稿元:ブクログ

読み終わった後にそっと胸に抱いて一人の時間を過ごしたくなるような本だった。天才的な音楽家と超優秀なジャーナリストという、なかなか人として理解できなさそうな人たちの心情が、クラシックギターやイラク戦争の多層的な描写の中で静かに丁寧に伝わって来て、夢中になって読み進めた。「日蝕」を読んできりのこの作者の本だったけど、喜びの中の不安、とか疑念の中の興奮、とか一言で表せない人間の複雑な感情描写がうまくてその虜です、もう。

2016/08/30 13:48

投稿元:ブクログ

内容紹介

天才ギタリストの蒔野(38)と通信社記者の洋子(40)。深く愛し合いながら一緒になることが許されない二人が、再び巡り逢う日はやってくるのか――。
出会った瞬間から強く惹かれ合った蒔野と洋子。しかし、洋子には婚約者がいた。スランプに陥りもがく蒔野。人知れず体の不調に苦しむ洋子。やがて、蒔野と洋子の間にすれ違いが生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまうが……。
芥川賞作家が贈る、至高の恋愛小説。

2017/03/22 14:45

投稿元:ブクログ

頭の中で完全に稲垣吾郎x宮沢りえで上演されてました。
恋愛小説はもう受け付けない体質になってると思いきや、
ドキドキのまま読了。CDも買いました。クラッシックギター良いです!

2017/06/19 16:23

投稿元:ブクログ

「人は、変えられるのは未来だけだと思いこんでる。だけど、実際は、未来は常に過去を変えてるんです。変えられるとも言えるし、変わってしまうとも言える。過去はそれくらい繊細で、感じやすいものじゃないですか?」 p29

人に決断を促すのは、明るい未来や積極的な夢であるより、遥かにむしろ、何もしないで現状にとどまり続けることの不安だった。 p150

宮本武蔵 「仏神は貴し、仏神をたのまず」

アラン 「尊ばれないことは忘れ去られる。これらは、我等人類の最も美しい掟の一つだ」

自由意志というのは、未来に対してはなくてはならない希望だ。自分には、何かが出来るはずだと、人間は信じる必要がある。そうだね?しかし、洋子、だからこそ、過去に対しては悔恨となる。何かできたはずではなかったか、と。運命論の方が、慰めになることもある p368

現在はだから、過去と未来の矛盾そのものね p396

バッハ やっぱり、30年戦争の後の音楽なんだなって、すごく感じた

2016/04/20 23:06

投稿元:ブクログ

久しぶりにその世界に没頭できる小説だった。もうちょっと音楽的、文学的素養があれば、さらに楽しめそう。同世代だから共感できる気持ちも多かった。

2016/09/19 17:00

投稿元:ブクログ

天才にはなれないからこの感覚は共感はできない。でも理解はできるかな。
洋子の潔さが好きでした。
私だったら三谷を殴ってる。あと、完膚なきまで言葉で叩きのめしてる。

平野さんの小説は何度か読んだことがありましたが、少しイメージ変わったかな。
読みやすく感じたのは、私がその分大人になったからなのかな。

2016/12/17 16:33

投稿元:ブクログ

久しぶりに文学としての小説と出会ったと思えた。ただただロマンティックで完璧。まるで蒔野のギターのよう。
それぞれの理由と背景が露になるとき、現実や未来から過去は変えられる。
時間が過ぎることは誰にも等しく時には残酷だけど、時間が過ぎることで状況は変わる。そのとき、その事象や対象への思いが過去と現在では変化したり或いはしていないことに気付く、人生の不思議。
音楽や映画という分野は時間経過を伴う芸術であり、読書もまた時間を伴う鑑賞行為。小説内に流れる時間を意識させられた作品だった。

2017/03/07 00:29

投稿元:ブクログ

又吉先生ご推薦、ということで図書館にリクエストしていた。

いやー!やられた。
久々に、恐ろしいくらい感情移入してしまった。
最初はなかなか読み進めなかったのだが、途中から急加速!

誰もがそうかもしれないが、あの消失点以降。

もっと詳しく書くと、あの、早苗がメールを送った瞬間から、である。
「ひでー!」(失礼!)と声に出てしまったくらいである。
そして、追い打ちをかけるように、蒔野が書いたメールをしれっと削除。
おのれ~~!と怒りが。
「君の名は」(アニメじゃない方、古~い方)ばりのすれ違いに悶絶しそうになった。
(自分どんだけ感情移入しているんだ!と苦笑)

それからは、1分でも時間があれば先が知りたくて知りたくて本を開いた。
回りくどい言い回し(読解力がないから~汗)と、これ以上ないだろうと思える適切な描写とが入り交じり、何度も読み返すことが多かった。

過去は変えられないと思っていたが、今や未来が過去を変える、という考え方はとても新鮮だった。

数回しか会ってないのに、と言う人もいるが、相性が合う人って数回でわかることもある。
再会に安堵した。
クラシックギターがとても聴きたくなった。

2016/06/04 13:36

投稿元:ブクログ

芥川賞作家、平野啓一郎さんの新作恋愛小説。
Facebookでは毎日、平野さんの投稿を拝見しているが
実は、平野さんの作品を読んだことがなかった。

さらに、なんとかの森、がトラウマになり
恋愛小説は避けて通っていた。
しかしあれから30年も経っている。
平野さんの作品を読み始めるにあたり
新作であるこの本から始めようと思った。

最後の一行を読み終わった時
まるでスイッチが入ったかのように
涙が噴き出し、しばし声を上げて泣いた。

人の世はそんなものだ、という
諦めなのか絶望なのか、逆に希望なのか。
そんな理由はどうでもよかった。
ただ泣きたかった。

恋愛とは、人を愛するとは、愛する人とともに生きるとは...
一度、他人にそうした感情を持ってしまった以上
そこに純・不純、正・誤などないと私は思っている。

しかし、生まれたばかりの赤子のような想いも
すぐに現世の手垢にまみれて
「私たちの恋愛」は二次元的なものになり
行く末に思いを馳せれば馳せるほど
それはプレゼン相手のいない企画書の山
のような無意味なものになる。

蒔野と洋子が出会い、一直線に描かれた線には
4年の間に、複数の他者の線がからみつき
どんなに二人が望んでも
太い一本の線であり続けることができなかった。

しかし人間関係の線というものが
結んだり、切れたりの繰り返しである以上
それは永遠に変わり続けるはずだ。
目の前に、背中合わせで立っている絶望と希望に
いつでも微笑みかけられる余裕を持ちたい。

ことほどさように「恋愛」について考えさせられたが
何よりも、この小説を骨太にしているのは
洋子の言う「ヴェニスに死す症候群」や
イラクからパリに逃れて来た友人の苦境
といった、現代の人間の生き方や政治的な問題が
確かな目線で描かれていることだ。

ここには書かないが、残しておきたい言葉がたくさんあった。
この小説のコアでもある蒔野のこの言葉だけ書いておく。

「人は、変えられるのは未来だけだと思い込んでる。
 だけど、実際は、未来は常に過去を変えてるんです。
 変えられるとも言えるし、変わってしまうとも言える。
 過去は、それくらい繊細で、感じやすいものじゃないですか?」

蒔野に会う前の自分は、もう今の自分ではないと洋子は思う。
この世に変わらないものなどない。
それこそが生き続けなければいけない人間の
唯一の希望なのだと私は思う。

2016/07/24 16:46

投稿元:ブクログ

平野さんは、『日蝕』や『葬送』などの評価から非常に晦渋な小説という印象があり、避けていた作家のひとりであった。しかし、読書論や分人主義に関する評論を読み、その流れで、その思想を下敷きとした小説『ドーン』も読んでイメージが変わった。この小説については、SNSなどで見かけた他の方の評価が高く、それではということで手に取ってみた。

饒舌な小説で、そして小説らしい小説だった。端正な小説で、例えば第二章で終わりにしたとしても、優れた短編小説として読むことができるだろう。その語り口やプロットは、なぜか二十歳のころに夢中で読んだミラン・クンデラの小説を思いおこさせた。クンデラの小説でも音楽について多く触れられるところも似ていると思わせるところなのだろう。正直に言うと小説を夢中で読んだのは久しぶりだ。

クンデラの小説が、恋愛小説でありながらそれだけではないように、この小説も正しく恋愛小説でありながらそれだけではない。恋愛と絡んで、生殖(Reproduction)がテーマになっていることも見逃すべきではない。子供という存在が無から現れることで、それは引き返せない一線が引かれたことが意味されている。そこにおいて、なかったことにはできない過去となることが強く意識されている。洋子が蒔野とパリで会う前に行った婚約者リチャードとの性行為により彼との妊娠の可能性があることから求愛を受けることを躊躇し、その心配がなくなったとの瞬間に受け入れる気持ちになったというところからそのテーマへの布石がひかれている。この点は、この小説を何歳のときに読むのかで受け止め方が変わるだろうなと思う。

イラク紛争、リーマンショック、東日本大震災、といった現代の歴史のフレームをキーとすることでプロットに個人の意志で抗えない運命があることが示される。さらには、30年戦争、第一次大戦、第二次大戦(長崎原爆投下)、ユーゴ紛争、という過去を会話や登場人物の中に絡めることで、何度か言及される「過去」についての我々の姿勢のようなものを語らせているのだろうか。

しかし、ひとつ言わせてもらえれば、自分の好みかもしれないが ラストは違った形であってほしかった。もっと違えようがあったはずであるがゆえに、違和感が残った。

☆『マチネの終わりに』特設サイト
http://k-hirano.corkagency.com/lp/matinee-no-owari-ni/

新聞連載だったらしい。

2017/02/04 07:17

投稿元:ブクログ

「過去は変えられる」

美しく静かで精巧、平野さんの日本語に魅せられた。

あとがきで、亡くなったジャーナリストの後藤健二さんに取材していたことを知った。

2016/11/05 10:41

投稿元:ブクログ

薪野のギターのアルペジオが本当に聴こえてくるかのようなシーンがいくつもあった。戦争やPDSDであったり、二人の運命であったり、胸が苦しくなる場面も多々あったのに、とてもとても美しい小説という印象が残った。このタイトルもこの装丁も全てが一貫して美しく清らかに感じる。

また、最後の協力者の項に、イラクに関する取材において後藤健二さんへの謝辞があり、ここまで含めて一つの小説であるのだと思った。

2016/09/03 11:58

投稿元:ブクログ

ギター演奏家の蒔野聡史とジャーナリストの小峰洋子の5年半の歳月の物語。一気読みする大人の恋愛小説。メモ。
(1)人は変えられるのは未来だけだと思い込んでる。だけど、実際は未来は常に過去を変えてる。変えられるとも言えるし変わってしまうとも言える。
(2)いい歳して知的でない女と寝てしまうと明け方惨めな気分になるよ。
(3)恋の効能は人を謙虚にさせること。年齢と共に人が恋愛から遠ざかってしまうのは愛したいという情熱の枯渇より愛される為に自分に何が欠けているのかという十代の澄んだ自意識の煩悶を鈍化させてしまうから。
(4)わたしと結婚して子供を育ててって生活を、蒔野さん、現実的に考えられる?それがこの関係のための正しい答えなのかしら?
(5)孤独というのは、つまりは、この世界への影響力の欠如の意識だった。…自分の存在が他者に対して全く影響力を持ち得ないということ。持ち得なかったと知ること。
(6)みんな自分の人生の主役になりたいって考える。それで苦しんでる。
(7)尊ばれない事は忘れ去られる。これは我ら人類のもっとも人類の美しい掟の一つだ。(アラン)
(8)明晰さとは太陽にもっとも近い傷だ。(ルネシャール)
(9)どんな方法でもいいから、彼の側に居続けたいと思っていました。…正しく生きる事がわたしの人生の目的じゃないんです。わたしの人生の目的は夫なんです。

2016/09/12 21:52

投稿元:ブクログ

なんだろう、読み進めることがちょっとだけできなかった、久々の小説でした。
平野さんの小説好きなんですが、どうしても、どうしても一気読みできるような読み方が出来ず、
読み進めることが出来ませんでした。

そういう小説に出会うのもまた、出会うかな。

2017/05/29 16:59

投稿元:ブクログ

大人の恋の物語、と言ってしまえば一瞬だけどこの二人の間には思いがけない障害があってそれでこうなってああなって、とまどろっこしい。すれ違いもここまでくればなるほど小説になるんですね、と後半でやっと思った。半分まではすんなりこの二人がうまくいくとばかり思っていたので。

BGMを流しながら(バッハの平均律など)涙を流しながら読み終えました。

192 件中 1 件~ 15 件を表示