サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

黄金の烏(文春文庫)

黄金の烏 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー104件

みんなの評価4.2

評価内訳

104 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ファンタジー苦手でも~

2016/09/09 21:45

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:charu - この投稿者のレビュー一覧を見る

元々どうもファンタジー系が苦手でしたが知人に薦められて読んでみたら嵌まってしまいました。登場人物が皆魅力的。今までファンタジー手を出さなかった方に是非お勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

久しぶりにどハマりしました

2017/07/13 09:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃほ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人生初レビューです。
読み終わった後に、この感動を誰かに伝えたい。と、そわそわしてしまうほど、良い作品でした。
もちろん一作品目も、二作品目も好きでしたが、私は作品内の仲間たちと、馴染んできた感じがして本作が一番好みです。
次の作品で、第一部が完結らしいので、終わってしまうのが寂しくて次に進むのを躊躇してますが、すぐに我慢できずに買ってしまうと思います。笑
ずっとシリーズ続いてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どんどん面白くなっていく!

2020/02/13 23:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うれい - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズ、冒頭に絶対伏線を持ってくる――とわかっているのに、今回もしてやられた。読むのが止まらず、一日でシリーズ3巻まで来てしまった。2巻の解説にもあったように、獣の奏者や十二国記に出逢ったときのような“武者震い”。3巻にして八咫烏の天敵とも言うべき大猿の存在、外界には“人間”がいること、不知火は人間たちの暮らす街の光なのだと、山内の外側の世界が明らかになっていく。ここまで見越して1巻の受賞当時20歳だった作者がこのシリーズを始めたとしたら、と考えると空恐ろしい。もう図書館で待てない。明日続きを買う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まだ謎だらけ

2017/10/17 11:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

真の金烏の意味はかなり明らかになってきたものの、猿や人間との関係、というか、八咫烏そのものがどういう存在なのか、ちょっと謎が深まってきました。
本筋とは関係ないかもしれないけど、個人的には、路近もかなり謎の存在かも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

俄然面白くなってきた

2017/01/24 21:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

猿という恐怖が登場して一気にスケールが大きくなってきました。栄達に全く興味がなく家族が何より大切な雪哉の選択にジンときました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

展開が

2017/01/02 00:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サン - この投稿者のレビュー一覧を見る

三作目。

だんだん展開もマンネリ化して来て
シリーズ全部読む気なくなるだろう。
と、思いきや。

ますます世界の謎は深まるばかり。
あー、もうこれで続きを読まなきゃ
と言うくらい、ハマってしまいました。

何やら展開が都市伝説じみてきましたね、
アノ有名な裏天皇家と言われる
組織の八咫烏を彷彿とさせる。
勝手に話を作りたくなってきちゃうなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さらりと楽しむには十分な作品。

2017/09/27 10:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

さらりと楽しむには十分な作品。日本神話の「八咫烏」と、ヤマト王権(大和朝廷)とを適度に融合したような摩訶不思議な設定が見えてきたせいか、八咫烏の世界を抵抗なく受け入れてしまうと結構面白く読める。今のところ、あくまでも八咫烏の世界中心に展開されているが、八咫烏の世界はあくまでもある種の「結界」によって守られた狭い世界であり、その外側には「普通の人間」の世界などが広がっている。「猿」の世界もその一つかな。「雉」とか「犬」の世界もあるのかな。「桃太郎」じゃないって。(笑)今後、その「外界」との関係で物語は更なる広がりを持って進行していくのだろうと思うと、結構期待してしまう。<S-2>を飛ばしたため、無難に4点としておく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

またやられた・・・

2017/03/11 15:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

人型をとれる八咫烏の住まう世界「山内」を舞台としたファンタジーの3作目。1作目同様、また引っかかりました…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

!!

2016/08/26 21:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:か~ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回はファンタジーという言葉に似合わない描写がありました。ということで食事の前に読むのは避けたほうが良いと思います。
登場人物が増えたので今後の展開が気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

話が大きく展開していく

2016/08/17 13:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たこやき - この投稿者のレビュー一覧を見る

怪しげな薬や人食い大猿が登場して、今まではどちらかというと牧歌的な平和な世界だった山内に嵐の気配・・・終盤に大きな謎解きがある展開は前の二作と同じ構成ですが、今作はもっと切羽詰まった印象です。
また、山内の世界の綻びと、人間界との接点らしきものがちらつき始めて、また次の話へと読者の興味をつないでいく作者の手腕は大したものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリー感は濃厚

2019/04/28 06:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岩波文庫愛好家 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第二篇から読み、第一篇を経て本書へ到達しました。どれもミステリー感はありましたが、本書はそれが色濃く出ていたと思います。
 誰が首謀者なのか、考えながら読み進めていました。前二書にあったどんでん返し的要素は比較的薄かったです。本書の場合、首謀者の育った環境からくる性格の捩けた点に同情しました。ただ、でもだからといって罪を犯して良いとは言えない、という当たり前の結論には至る訳ですが。
 ま、そんな火曜サスペンス風な感じでした♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/01 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/20 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/26 19:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/18 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

104 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。