サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

自民党と創価学会(集英社新書)

自民党と創価学会 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

創価学会が日本を侵略する

2016/07/24 01:47

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiroyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読むと創価学会(公明党)の恐ろしさが良く分る。先の参議院選挙でも14議席を獲得し、ほぼ完勝である。組織票+フレンド票だろうが、学会が徐々に日本を侵略してゆこうとしているのが恐ろしい。政治家はハッキリしているが、公にならないところで、我々の日常にもいる訳だ。会社の上司や部下がそうかもしれない。
 国や都、地方自治体の官僚にも多数いるだろうし、法曹界にも食い込んでいる。弁護士は自由業なのでなるのは勝手だが、検事や裁判官となると話は違ってくる。学会員は多様な犯罪を犯しているが、それを裁く側が同じ学会員だったら公平な裁判にはならないと思うと恐ろしい。また、教育界にも人材を送り込んでいる。創価大学に教育学部があるのがひとつの証左だが、教育庁や教員に学会員は多い。未来ある子供たちにどういう教育をするのだろう。
 また、放送界、マスコミにも学会は浸食している。さすがに、まだ直接学会のCMは流していないが(ネットでは盛んに行っている)、聖教新聞のテレビCMは盛んである。商品告知はしないので、これは何のCMなのだろうと、最後まで見てしまうと、最後に「聖教新聞」と出る。その騙された感、ガッカリ感は半端ではない。最後まで見てしまった自分に腹が立つ。
 タレントでも学会員であることを隠していないお笑い女性タレントが、盛んに各局で起用されているが、これもプロデューサーやディレクターに学会員が多いからだろう。自分は直ぐチャンネルを変えますが。
 この本のように、学会の真実、恐ろしさを書いた本がもっと出版されて、日本の一般大衆に広く読まれることを望みます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

創価学会の真実を暴いた勇気の書

2016/06/26 17:18

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

かつては福祉と平和の党と言われていた公明党=創価学会が、安倍政権と連立を続けて、いかに変質していったかが克明に描かれていて非常に参考になった。特に自民党側に暴力団と関係していた証拠を握られ、自由新報で叩かれる中、創価学会側から自民党へすり寄る姿は、宗教とは無縁の生臭さを感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/11 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。