サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

暗夜鬼譚 1 春宵白梅花(集英社文庫)

暗夜鬼譚 1 春宵白梅花 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.8

評価内訳

9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

あやしあやかし平安怪奇青春譚

2019/07/10 00:34

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まりも - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ばけもの好む中将』を手がける瀬川貴次が、1994年から発表した暗夜奇譚シリーズの第1巻の新装版です。
元々はライトノベルとして発刊されたものですが、時代物にもかかわらず読みやすい文章に、個性あふれる魅力的なキャラクターたちと、瀬川貴次作品の醍醐味が詰まったシリーズだと思います。

舞台は、平安遷都から百五十年後の平安京。華麗なる王朝文化と闇にひそむ妖しが紙一重で存在する世界。
近衛府の新人・大江夏樹は、慣れない職場、同僚からのいじめ、上司のセクハラに悩まされながらも、仕事に慣れようと頑張っている最中。そんな時、宮中で殺人事件が起こります。その犯人は、なんと「鬼」。そして、馬の頭を持つ地獄の鬼や、絶世の美貌を持つ謎めいた陰陽生・一条との出会いをきっかけに、夏樹は次第におどろおどろしい怪奇に巻き込まれていくのです。
事件自体はとても凄惨なのですが、その根底にあるのは人間の悲しみと強い願い。とくにこの1巻の真相はとても心に響きました。

また、この物語は夏樹と一条の成長物語でもあります。シリーズを通してさまざまな怪異に出会い、人に出会い、理不尽な運命に打ちのめされ、戦いながら、夏樹と一条の二人も次第に成長し変化していくのです。
また、登場キャラも次第に個性豊かになっていき、特にこの後から大活躍することになるこの作品の「ヒロイン」や、自称・愛の狩人な「あのお方」など、強烈な人物が目白押し。彼らのコミカルなやりとりが物語の陰鬱さを救ってくれます。しかしこの1巻目では、キャラクターも全体的におとなしめです。なので、1巻を読んで物足りないと思った方はぜひ2巻目以降も読んで欲しいです。
さらに既刊ファンにも嬉しいことに、書き下ろしの新作ショートストーリーがあります。作品のファンとしては、新しい暗夜鬼譚の物語が読めたことがうれしかったです。

ぜひとも全巻復刊をお願いします。もう少し刊行ペースを早くしてほしいですね…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まとまってるけど

2017/02/06 22:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

オチが容易に予想がついたのが残念ですが 面白かったと思います。登場人物たちがちょっとばかり物足りない。特に男性キャラがフツー過ぎ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/07/25 11:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/09 12:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/04 06:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/16 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/02 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/15 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/02 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

9 件中 1 件~ 9 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。