サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

やまびと

やまびと みんなのレビュー

絵本

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

やまびととは誰だ?

2016/08/14 12:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

若い時に読んでこなかった本を最近しきりに惜しくなっている。
 そういえば、この絵本の原作である『遠野物語』もそうだ。
 もちろん、作者名は知っている。柳田国男。民族学者である。
 読みそびれた理由はない。ただなんとなく手をすべり抜けた。
 この絵本はその『遠野物語』の一篇を京極夏彦が文を書いて、僧侶でもある中川学が絵を描いてできあがった作品だ。

 遠野の山々には「山人(やまびと)」が棲むという。
 絵本にも、ひらがなでふりがなが付けられているが「住む」ではなく「棲む」となっている。この漢字はどちらかといえば、動物とか人でないものにあてられることが多い。
 これが冒頭であるから、もう怪しげだ。
 ある時鉄砲撃ちの男が山奥で「やまおんな」を見つけて、撃ち殺す。そのおんなの髪の毛を持って下山しようとする途中で、大男に襲われてその毛を奪われてしまう。やまおとこだ。
 遠野では毎年娘や子どもがさらわれる、そのあたりもこのやまおとこと関係しているのだろう。
 ある時、猟師が何年か前にさらわれた娘を山中で発見する。
 娘が言うには、さらった男は「ものすごく背が高く、瞳の色が違って」いるらしい。

 『遠野物語』は明治43年に発表された岩手県遠野に伝わる伝承話や説話を集めた本だが、そういうことを思うと、この「やまびと」というのは、遠く海外から流れついた異人のことではないかと思いたくなる。
 もちろん、もっと怪なるものを想像しても自由だ。
 発想を柔らかにするのに、『遠野物語』を読むのもいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怖いのが好きで

2017/03/20 00:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たま - この投稿者のレビュー一覧を見る

うちの子供たちは、どうも、怖いのや、妖怪、不思議、ってのが好きらしい。京極夏彦さんが、かかわっているのをかたっぱしから探していたので、読んでみた。遠野物語りに興味がわいたみたいなので、今度柳田さんの、本が小学向きなものがないか探してみたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/07/12 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/15 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/17 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/22 14:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/23 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/20 11:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

8 件中 1 件~ 8 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。