サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

女學生奇譚

女學生奇譚 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー40件

みんなの評価3.7

評価内訳

40 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

最後が、、、

2018/02/11 10:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和初期の怪奇本を巡るミステリー。この本を読むと死が訪れるという、なかなか中2な内容。先天的に「恐怖」を感じることができない病を持つ主人公が解読に勤しむ。徐々に謎が明らかにされていく様は大変おもしろかったが、中盤以降、実はこれが功名につくられた「新しい本」ということが分かった時に少し幻滅。なぜわざわざ古本として作られたかというのが後半の謎になっていくんだけど、中2なら中2のままがよかったな正直。ラストも、歩いていた道が突然途切れるように唐突と終ってしまい。びっくり。続きを予測させるがもういいや。読まない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

奇譚というほどではなかった

2016/07/18 11:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のりちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

基本的に面白かったけどなんとなくすっきりしない終わり方。もっと鋭くあやめを追及してほしかった。登場人物はみんなそれぞれ特徴のあるひとばかりというか、おかしな人ばかりで面食らった。それに八坂の弟の存在は後だしじゃんけんみたいでなんかしっくりこない。
話しの発端に惹かれすぎて読み終えたら「なあんだ」てな感じのミステリーでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/21 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/11 16:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/08 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/20 11:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/08 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/13 16:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/25 17:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/27 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/16 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/20 07:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/08 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/12 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/29 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

40 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。