サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

ジブリの仲間たち(新潮新書)

ジブリの仲間たち みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.3

評価内訳

高い評価の役に立ったレビュー

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/07/29 18:09

広告本

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

芸術品であり文化的作品であるもの作りをその信念と、金に換える現実路線の間でのやりくりは非常に難しい。資金稼ぎはこれでよいのか考えさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2020/02/19 23:10

「宣伝」から見るジブリ

投稿者:ACE - この投稿者のレビュー一覧を見る

「宣伝の本質は仲間を増やすこと」という思想のもと、監督と激論を交わし、企業を巻き込み、駆けずりまわり、汗まみれになって体得してきた経験則とは。
なぜジブリが大ヒットを続けられたのか?
ジブリの名プロデューサーが秘話満載で綴る、宣伝と広告のはなし

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

25 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

宣伝という切り口から見たスタジオ・ジブリ

2018/05/30 22:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

ある意味でいつの間にかジブリの顔になってしまったような印象のある、プロデューサー鈴木敏夫の語りおろしの1冊。鈴木氏の本はすでに何冊も出版されているけれど、これはジブリ映画を宣伝という切り口で見直したもの。随所にプロデューサーでないと知らない話が織り込まれている。
例えば、『ナウシカ』の宣伝コピーに、「人間はもういらないのか?」なんてのが候補にあったとか、当時の宣伝等の担当だった博報堂に宮崎駿の弟が勤めていたとか。「『トトロ』の最初のコピーは、「このへんないきものは、もう日本にいないのです。たぶん」だったんです。でも、宮さんが「いる」と言うので、いまの形になりました」(p.27)といったような話も出てくる。
ただし、これまでの本でも語られていることも出てくるので、ジブリ本を何冊も読んでいるとすでに知っている話もあって、新鮮味は薄い。
それでも宣伝という切り口でみているので、企業とのタイアップでは映像やキャラクターの使用料をもらわない代わりに使用方法については意見を言っていく姿勢をとり続けたことや、「宣伝費=配給収入」の法則(p.81)とか、「人間というのは3回、広告を見れば消費行動に走る」(p.139)という宣伝哲学とでも言える話が出てきて面白かったのと同時に、何だか鈴木氏の掌の上で遊ばれてしまって映画を観に行っていたのだなあといった気持ちにもなってしまった。
そんな気持ちになる一方で、やはりジブリ映画に惹かれてしまうのは、鈴木氏が「たえず考えていたのは、高畑さんや宮さんがいい映画を作れる環境を整えることです」「作るのが第一義で、ヒットするかどうかは二義的な問題」と言っているところに、偉大な作家の傍で良い作品を産み出させようとして頑張ってきた姿が見えるからだと思う。そんな姿は、プロデューサーと言うより、鈴木氏の元々の姿である編集者の姿のように思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

広告本

2016/07/29 18:09

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

芸術品であり文化的作品であるもの作りをその信念と、金に換える現実路線の間でのやりくりは非常に難しい。資金稼ぎはこれでよいのか考えさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「宣伝」から見るジブリ

2020/02/19 23:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ACE - この投稿者のレビュー一覧を見る

「宣伝の本質は仲間を増やすこと」という思想のもと、監督と激論を交わし、企業を巻き込み、駆けずりまわり、汗まみれになって体得してきた経験則とは。
なぜジブリが大ヒットを続けられたのか?
ジブリの名プロデューサーが秘話満載で綴る、宣伝と広告のはなし

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/11/14 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/03 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/12 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/02 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/13 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/26 15:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/17 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/21 08:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/18 08:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/06 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/20 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/09 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

25 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。