サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本

リアルな感情

2016/10/28 16:12

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レオ - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦争を題材にした作品は多々ありますが、普通の弱い人間の感情が良く現れてます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これが最悪の戦場、そして硫黄島・沖縄の次の最悪へつながる戦いの一幕

2018/01/27 11:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とあるUSJ好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めてから止まらなかった。
ペリリューの戦いはかねてからドラマ「ザ・パシフィック」やこの漫画が参考書籍にしている「ペリリュー・沖縄戦記」(ユージーン・スレッジ著)で知っていたが、あくまで米兵側の視点での「最悪の戦場」だった。ある架空の日本兵卒の視点でD-Day直前から直後までを語られる戦いは、「この世界の片隅に」と同じく極力メッセージ的セリフを排除して、その場における人物の心情を的確に描写することにより、登場人物が生き生きと、且つ無慈悲に死んでいく様が冷徹に描かれている。
また、中川大佐ら守備隊指揮官のやりとりがさらりと流されているのも、主人公田丸の視点を大事にすることになっている。
まだまだ連載は続いているので、今後も継続して購入予定です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「赤子」のことをどう思っていたのか

2018/11/09 07:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:***** - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の絵柄を見て「大丈夫かな?」と大分迷ってから購入しましたが、既刊の単行本を全部読んで続きを楽しみにしています。
配属されることがほとんど「死」を意味した太平洋戦争末期の南洋の日本兵たち。
作者のおじい様の話、ということで生還できるんだという安心感を持って読んでいますが、肉体的にも精神的にも極限に追い込まれ、死んでゆく若者たち。
彼ら「赤子」の悲惨をなぜ誰も思いやれなかったのか。
悲愴な場面をほのぼの絵柄が救います。主人公を始め、眼鏡を必要とする登場人物の中で、眼鏡の紛失・破損で困っている人がいないのがちょっと謎。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

可愛い兵隊さんと残酷さと・・・

2017/11/17 13:01

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:figaro - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気に読み切ってしまった。

駅を乗り越してしまうくらい、買って早々、夢中になって読んだ。

本書で描かれている兵隊は「兵隊さん」と呼びたくなるくらい可愛らしいキャラとなっている。しかし、本書で描かれている事柄は実に生々しい。これが本当の戦場の姿なんだと。

股間に被弾した兵士が「いたい、いたい」と叫ぶ場面、瀕死のアメリカ兵に遭遇し唸るように「ママ、ママ」と言う場面・・・。本書はフィクションという形体をとっているが、参考文献はすべて実録のもの。だから、より一層、戦場の凄惨さが描かれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ペリリュー島の攻防戦

2017/07/29 03:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aya - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホリエモン一押しの作品。珍しく私の興味と一致した。先の大戦におけるパラオ戦線のペリリュー島防衛戦の様子を生々しく描いている。この第1巻では、防衛陣地の設営から米軍の上陸第一波を退けるまでが描かれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

つたわります

2019/07/30 20:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦争の恐ろしさ、惨さ、やるせなさが詰まった作品です。
キャラデザインとかすごく読みやすいですが、
なぜ、戦争をしなければ…こんなに美しい自然を、動物たちを壊してまで…
人間って勝手な生き物。と痛感です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

親しみやすい絵

2018/09/22 14:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k - この投稿者のレビュー一覧を見る

親しみやすい絵によってより悲惨な状況が浮き彫りになっていると思います。丸い絵柄が何の抵抗もなく自分の中に染み込み、そして自分の中で恐怖が広がっていく。
戦争は嫌だなと、
ただただ単純にそう思える漫画です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

戦争ものというだけで

2018/07/11 21:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり。
戦争ものというだけで、評価に下駄を履かされているような気がする。
手榴弾爆発してるのに遺体があんな形で残ってるのおかしいじゃん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/01/22 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/31 17:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/04 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/26 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/29 03:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/26 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

14 件中 1 件~ 14 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。