サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

出会いとそれを生かすこと

2008/02/04 01:38

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、小学生高学年向けに書かれた野口健の自伝である。2月3日、私は、著者の講演会を聞いた。人間の極限状態における判断能力あるいは、清掃登山を始めるきっかけが、自分も意図せず記者会見で口から出た言葉だったと言う事等、非常に興味深く聞けた。本書は、講演会後の会場で購入した。彼が直筆でサインもしてくれた。サインをして貰いながら、私は、植村直己のこと、ジョージ・マロニーは、エベレストに登ったかとか2,3会話を交わした。彼は、的確に自分の意見を語ってくれた。本書は、サインして貰うのを待っている時間と少しの時間で完読出来た。
彼が、ハーフというより雑種的人種であること、「落ちこぼれ」だったこと、お父さんの教育方針、植村直己「青春を山に駆けて」との出会いからの変化、最初の登山が冬季富士山であるという驚き、無名山塾の岩崎元男さんとの出会い、世界7大陸最高峰登頂への挑戦、エベレスト・富士山清掃登山と著者の半生が子供に語る如く分かり安く記述されていた。
本書を読んで次の2点を強く感じた。第一に父親の教育方針である。「落ちこぼれ」の著者に対して、「勉強したくないならしなくて良い。人間一生のうち、何時か勉強したい時が来るものだ。その時に一生懸命、勉強すれば良い。」この寛大な何でも受け入れるという父親があったからこそ、今の著者があるのだと思う。第二に、出会いの大切さである。彼は、偶然、植村直己の「青春を山に駆けて」と出会い、その後の彼の生き方を決定させてしまう。また、山を始めてついた先生が岩崎氏という、また著名なる登山家と出会っている。何か運命と言うものを感じる。人には、人生を変える出会いと言うのが、必ず、2度3度と有ると思うが、受け手の自分がどういう思想を持っているかで、その出会いを生かすも殺すも出来るものである。
野口健は、7大陸登頂最年少記録を樹立した世界的登山家であるが、それよりも清掃登山と言う新たなスタイルを確立させた功績の方が大きいと思う。エベレストの清掃登山は、ゴミの多い、6300~8300mを中心に行なわれている。この高度での清掃活動が、どれほど過酷で辛いものか、今日の講演で充分理解出来た。実際、協力して貰ったシェルパ3名が命を落としている。また、富士山清掃登山においては、最初小さな個人的活動であったのが、大きな輪となり、遂には、一般登山者が自主的にゴミを拾うようになり、富士山からゴミが消えたこと。
著者が清掃登山に思考していった事には、運命的なものを感じる。講演会の生の声と自伝に拠る彼の半生を後追いすることに拠り、私も愛する登山による人格形成、人間賛歌を、新たに感じた気持ちである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/10/26 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/20 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示