サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

hontoレビュー

鬼の棲処

鬼の棲処 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

鬼の正体

2016/09/25 01:57

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のりのり - この投稿者のレビュー一覧を見る

この話には、いわゆる「鬼」はでてきません。鬼と呼ばれている人、が出てきます。鬼と呼ばれる理由は、島の人の髪の毛は赤いのに、主人公の夜だけが黒髪だからです。そのせいで、最初島では人扱いされず、村八分扱いだし、名前もなくて黒鬼と呼ばれていました。島に病気が流行り、夜のせいにされて殺されそうになったところを王子に助けられるのですが、この島の成り立ちや風習などは、昔は日本だけでなく各地でよくあったことだと思います。王子は、この風習をなくしたいのですが、そうすぐにはできないところも、夜がそれを当たり前と思ってしまっていたのも、現実的で納得できる話でした。
大冒険はないけれど、しみじみする話でした。最後に、王子が夜を救出したいきさつのカラクリもわかって、面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おとぎ話のミックス

2017/02/15 15:07

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本昔話のようなタイトルですが、ヨーロッパ的なおとぎ話とのミックスという感じです。登場人物は弟とか息子とかで示されていて、最初は名前そのものがなかった主人公、「夜」という名前の固有名詞しか出てこないのはちょっと興味深いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

お伽噺

2016/12/30 01:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sum - この投稿者のレビュー一覧を見る

現実味のない話で、薄幸な受ちゃんや王子様がでてくる話が好物な方は、間違いなく読んで損ないです。
最後まで読んだら、もう一度初めの部分を読み直すことをおすすめです。
栗城先生のあとがきに、主人公以外に名前が出てこないことを説明されてました。
村長の息子との再会編がもっと読んでみたいですね!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/25 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示