サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

hontoレビュー

金緑の神子と神殺しの王 2(リンクスロマンス)

金緑の神子と神殺しの王 2 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍

面白かったです

2018/05/11 13:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みどり - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハルカ視点から描かれているので、アホな子風の軽いタッチで、酷い事されてても激しく重く感じずに読めました。(えらい酷い目に合ってるんですけどね…)
でもアホな子の中身は自分を守るべく、寂しさと辛さを感じない為の鎧だったかなぁと思うと、最後の最後にルシアスと通じあえて良かったなぁと感動しました。
大好きなアキちゃんへの届かない(笑)思いやりも私はハルカが可愛くて仕方ない一つです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

あれ!?レンドルフ編が!

2018/03/05 01:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まるる - この投稿者のレビュー一覧を見る

ええー!レンドルフ編が完結入ってなかった!!
まあ、ハルカ編完結したので良かったてことにします。欲を言えばアキ編のその後をもうちょっと続き欲しいです。全然ラブないし!納得いかないし、ランドルフ完結期待込めて☆4

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハルカ編完結

2016/12/30 12:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハルカが基本あほの子なので、物語そのものはすごくシリアスなのにどこかのほほんとした感じが漂っててちょっと好みが分かれるかも。秋人サイドの話はあまりでてこないのでそちらが好きだったらちょっと肩透かし感があると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

期待外れ

2017/01/12 09:27

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くるつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一巻に当たる『黒曜』と二巻に当たる『金緑1』は面白かったけど、本作はイマイチ。

『金緑1』のあとがきで「次巻はエロ頑張ります」とのことそれほどでもなかった。あらすじのようにあっさり流されてしまう事が多く、エロというより春夏が酷い目にあってる事を強調するのに重きを置き過ぎたのかなと。

あとがきによると作者は体調不良とか色々苦しい状況だったみたいだけど、元気になってから書いて欲しかったかも。何より『金緑1』で予告されてたレンドルフ側視点迄辿りつかなかった事が不満。
バカな子春夏にも実は色々あるし、エロ神の成り立ちに、春夏が知らされてない国事情とかもあるのよね〜と今迄謎で来た分を説明しなくてはならなかったのかもしれないけど、全ての決着はレンドルフ視点に持って行った方が面白かったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待外れも甚だしい

2016/12/30 14:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ネリラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作では春夏編、レンドルフ編のどちらも中途半端なところで終わっていましたが、本作は頁数の都合により、春夏編のみとのことで。レンドルフ編を楽しみにしてたのに…!
収録内容が変わるのであれば、前もってお知らせしてくれてもいいのではないでしょうか。今時はサイトなりツイッターなり手段はいくらでもあるのですから。

なお、1冊丸ごと2段組のぎゅう詰めで、一見読み応えがありそうな春夏編ですが、1回読めばもういいや、という程度の内容でした。

文章は読みづらいうえに、文字数・頁数のコントロールができない作家さんというのは知ってましたが、それにしても数ヶ月近く延期を繰り返して待たされた挙げ句がこの程度の作品なのかと思うと、ひどく残念な気持ちです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/31 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

6 件中 1 件~ 6 件を表示